[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

屈辱の中国バスケ、フィリピン選手のドーピング陽性にネット紛糾「再試合だ!」「負けは負け」

中国・杭州で行われたアジア大会のバスケットボール男子は、フィリピンが決勝でヨルダンを70-60で破り金メダルを獲得した。だが中国メディアによれば、ITA(国際検査機関)がフィリピンとヨルダンの選手1名ずつがドーピング検査で陽性になったと発表。この報道を受け、準決勝でフィリピンに敗れている中国ファンからは、ネット上で「だからあんなに神がかっていたんだ」「負けは負け」などさまざまな声が出ている。

フィリピン代表のジャスティン・ブラウンリー【写真:Getty Images】
フィリピン代表のジャスティン・ブラウンリー【写真:Getty Images】

アジア大会男子バスケ、金メダルと銀メダルのチームから1名ずつに陽性反応

 中国・杭州で行われたアジア大会のバスケットボール男子は、フィリピンが決勝でヨルダンを70-60で破り金メダルを獲得した。だが中国メディアによれば、ITA(国際検査機関)がフィリピンとヨルダンの選手1名ずつがドーピング検査で陽性になったと発表。この報道を受け、準決勝でフィリピンに敗れている中国ファンからは、ネット上で「だからあんなに神がかっていたんだ」「負けは負け」などさまざまな声が出ている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 中国メディア「羊城晩報」は13日付で、「杭州アジア競技大会でフィリピンとヨルダンの選手にドーピング陽性。中国男子は金メダルを手にできるのか」と報道。同メディアによれば同日の早朝に、フィリピン代表のジャスティン・ブラウンリーとヨルダン代表の1選手について、アジア大会の試合後のドーピング検査で陽性が判明し、ITAが通報したという。

 中国メディア「ジーボーバ」は、中国が4日の準決勝フィリピン戦で、一時20点差をつけながら76-77と屈辱的な大逆転負けを喫した一戦で、ブラウンリーは「超人的だった」と指摘。「彼は39分47秒出場し、21回のシュートのうち12回を決め(3ポイントシュート12回中成功7回)、試合全体で最高の33ポイントをもぎ取った。中でも最終クオーターでは8回のシュートのうち6回を決め、3ポイントシュート全5回成功で17点をあげた」と大逆転劇の立役者になったと振り返っている。

 同メディアのコメント欄では、今回のドーピング報道を受けて中国ファンからさまざまな声が寄せられている。「やりなおし、やりなおし。再試合にしよう!」「ドーピング違反でなかったら、中国が2回もフィリピンに負けるわけがない」「だからあんなに神がかっていたんだ」「どうりで異様に激しかったわけだ」「突然あんなに強くなったのには絶対に問題があるはず」とフィリピン側に厳しい視線を投げかける意見の一方、「再試合はやめておこう。もう一度やってまた負けたらどうするんだ?」「20点リードしながら敗れたんだから、はっきり言って中国もだらしない」「中国バスケはだめだ。薬を使って勝つよりも恥ずかしい」「それで金メダルをもらえたとしても、意味はない」「負けは負け」など冷静な声も寄せられていた。

 なお、「羊城晩報」の記事によれば、アジア大会の規定により「1つのチームにアンチドーピング規則に違反した選手が2名以上いた場合にそのチームの成績は取り消しとなる」とされており、現状ではフィリピン、ヨルダンともメダル剥奪にはならない。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集