[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑、一発勝負のパリ五輪代表争いへ決意「なぜ走りたいのか、対話しながらやってきた」【MGC】

陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場を発着とする都内のコース(男子は午前8時、女子は同8時10分号砲)で開催される。男女とも上位2人が代表権を獲得(3位は選考対象選手に)。13日は出場選手が都内で会見し、意気込みなどを語った。

男女別に行われた会見に登壇した大迫傑【写真:浜田洋平】
男女別に行われた会見に登壇した大迫傑【写真:浜田洋平】

パリ五輪代表選考会・MGCが15日号砲

 陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場を発着とする都内のコース(男子は午前8時、女子は同8時10分号砲)で開催される。男女とも上位2人が代表権を獲得(3位は選考対象選手に)。13日は出場選手が都内で会見し、意気込みなどを語った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 前回2019年の約2倍となる男子61人、女子24人がエントリー(13日時点)。男女別に行われた会見には出場全選手が登壇した。2時間05分29秒の前日本記録保持者・大迫傑(NIKE)は、前回大会3位で東京五輪の即時内定はならず。翌年3月の東京マラソンで当時の日本記録を叩き出し、3枠目に滑り込むと、五輪で6位入賞を果たした。

 今回の目標ボードには「100%出し切る」、ここを見てほしいというポイントには「レース運び」と回答。32歳の第一人者は7か月ぶりのマラソンへ、心境を明かした。

「毎回のマラソンでもそうですが、いつも通りしっかり練習を積むことをやってきた。毎回のマラソンと違うのは、今回は一人でフラッグスタッフで練習したこと。なぜMGCを走りたいのか、なぜマラソンを走りたいのか、一人で対話をしながらやってきた。体の状態はいいので、心身ともにベストの状態で臨みたい」

 東京五輪後に一度引退したが、「もう一回こういう場でワクワクドキドキしたい」と、22年2月に現役復帰を表明。マラソン復帰戦だった昨年11月のニューヨークシティ・マラソンは2時間11分31秒の5位だった。ケニア合宿を挟み、1年7か月ぶりの国内マラソン復帰戦だった今年3月の東京マラソンは2時間6分13秒(9位、日本人3番手)。その後は米フラッグスタッフで高地トレーニングも敢行した。

 2時間04分56秒の日本記録保持者・鈴木健吾(富士通)は前回7位で五輪切符を逃した。昨年3月の東京マラソンで自身の日本記録に次ぐ日本歴代2位の2時間5分28秒で4位。妻の一山麻緒が2時間21分2秒の6位に入り、夫婦そろって男女の日本人トップだった。しかし、同7月のオレゴン世界陸上は直前の体調不良で欠場。28歳にとって1年7か月ぶりのマラソンとなる今レースは、夫婦で五輪切符を狙う。

 目標ボードには「1位か2位」、ここを見てほしいというポイントには「強い思い」と記した。

「私は何を強化したというより、生活、練習全てにおいてMGCのためにやってきました。当日は強いを想いを持って走りたい」

 42.195キロのコースも前回以上に厳しさを増したデザインに変更された。周回コースを2周する(8キロ付近から33キロ付近まで)設定。180度方向転換する折り返し地点は前回の2倍となる計6か所に。ほぼ直角のコーナーが14箇所、ゴールまでの残り5キロは上り基調な上に、さらに細かいアップダウンが2箇所あるため、選手にとっては肉体的、精神的な強さが問われるタフなコースとなっている。

 他にも今年3月の東京マラソンで日本人トップの2時間5分51秒(7位)をマークし、8月の世界陸上12位だった山下一貴(三菱重工)、其田健也(JR東日本)ら有力選手が出場。“一発勝負”となる2枠の熾烈な切符争いに注目が集まる。

 山下は「とにかく疲労を抜くことと段階的に少しでも状態を上げることを考えてやってきた。思った以上に普段通り練習できた」と説明。其田は「ここに向けては世界選手権もあったので土台作りをしてきた。距離をベースに準備してきました。仕上がり具合としてはまず世界選手権から疲労を抜くこと。きつい中でもしっかり狙っていきたい」と語った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集