[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木麟太郎を早くもMLB公式が紹介 大谷翔平の後輩として注目、パワーはすでにマイナー最上級

高校通算140本塁打を誇り、26日のプロ野球ドラフト会議でも1位指名候補とみられていた佐々木麟太郎内野手(花巻東高)が米国の大学への進学希望を表明したのを受け、米大リーグ公式サイトで早くも紹介された。「この決断は、佐々木の将来のMLBでの活躍に大きな影響を与える」とする記事は、3シーズン後にドラフト資格を得ることや、すでにパワーが高評価を受けていることを伝えた。

花巻東の佐々木麟太郎【写真:荒川祐史】
花巻東の佐々木麟太郎【写真:荒川祐史】

米大学進学希望表明に反応「日本のプリンス・フィルダー」

 高校通算140本塁打を誇り、26日のプロ野球ドラフト会議でも1位指名候補とみられていた佐々木麟太郎内野手(花巻東高)が米国の大学への進学希望を表明したのを受け、米大リーグ公式サイトで早くも紹介された。「この決断は、佐々木の将来のMLBでの活躍に大きな影響を与える」とする記事は、3シーズン後にドラフト資格を得ることや、すでにパワーが高評価を受けていることを伝えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

「日本のトップ・プロスペクト、佐々木がNPBドラフトを見送り米大学へ進学」と題する記事はまず、「花巻東高校は、将来のメジャーリーグのスター選手を育てるのに、地球上で最高の高校かもしれない。大谷翔平や菊池雄星が卒業生に名を連ねる同校は、まもなく佐々木麟太郎をリストに加えることになるかもしれない」として、佐々木が菊池や大谷と同じ高校の出身だと紹介している。

 加えて、一部では「日本のプリンス・フィルダー」と紹介されていること、「身長6フィート(182センチ)、体重250ポンド(113キロ)のスラッガーは、1つの三振に対して2つ以上の四球を引き出す忍耐強い選球眼とパワーのおかげで、今度のNPBドラフトで全体1位になると噂されていた。佐々木は高校通算140本塁打を放ち、2017年のNPBドラフトで1位指名された清宮幸太郎の記録111本を塗り替えた」とその才能を伝えた。

 また、米スポーツ専門局ESPNのカイリー・マクダニエル記者は、佐々木のパワーに「70」という高評価を与え、カブスのオーウェン・カイシー(今季は2Aで22本塁打)を抑えマイナー・リーグ最高のパワーツールに位置づけているという。

 さらに「この決断は、佐々木の将来のMLBでの活躍に大きな影響を与えるだろう。これで彼はアメリカの大学に進学するだけでなく、3シーズン後にはMLBドラフトの指名を受ける資格を得ることになる」として、佐々木がNPBを経由してポスティングやFAで米球界移籍を目指す場合より、はるかに早く大リーグ球団と契約を結ぶ可能性を指摘した。

 その上で、「このような決断をした選手は佐々木だけではない」として、今春のドラフトでホワイトソックスから11巡目で指名を受けたオレゴン大の西田陸浮内野手(東北高出)のケースを紹介している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集