[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

究極ボディ頂上決戦、ダンシーあずさは準Vに涙 女王・安井友梨に感服「競技に懸ける思い凄い」

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)が主催する階級無差別の「JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス」が8日、東京・江戸川総合文化センターで行われ、ビキニフィットネスは39歳・安井友梨が優勝。真のフィットネス日本一を決める国内最高峰大会で4連覇の快挙を達成した。惜しくも2位だった33歳・ダンシーあずさは4大会連続の準V。優勝の安井を「この競技に懸ける思いがすごいなと感じました」と称えた。

JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス、ビキニフィットネスで2位となったダンシーあずさ【写真:中戸川知世】
JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス、ビキニフィットネスで2位となったダンシーあずさ【写真:中戸川知世】

JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス

 日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)が主催する階級無差別の「JBBFフィットネス・グランド・チャンピオンシップス」が8日、東京・江戸川総合文化センターで行われ、ビキニフィットネスは39歳・安井友梨が優勝。真のフィットネス日本一を決める国内最高峰大会で4連覇の快挙を達成した。惜しくも2位だった33歳・ダンシーあずさは4大会連続の準V。優勝の安井を「この競技に懸ける思いがすごいなと感じました」と称えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 同大会は9月の身長別で争う「オールジャパン・フィットネス・チャンピオンシップス」の上位成績者が出場。階級を越えた真のフィットネス日本一決定戦だった。ダンシーは鮮やかな赤のビキニでステージに上がり、引き締まった腹筋、ヒップラインを披露。優勝した安井に次ぐ2位となった。

 結果についてダンシーは「100%の自分の今持っている技術力は出し切れたステージだった。これでも結果が銀メダルだったら、もうしょうがないと思ってます」と話しながら「今日は結構、自分に自信もあったので、やっぱり悔しさ溢れて少し涙が出てしまった」とステージ上での涙の理由を明かした。

 優勝した安井は8月、トレーニング中に器具が落下し、左足親指を粉砕骨折。そこから3週間あまりでオールジャパンの163センチ超級8連覇を達成し、グラチャンに挑んでいた。ダンシーは「やっぱり壁が厚いな、高いなというか、やっぱりそんなに簡単には超えられない。だからこそ、頑張ってこれたっていうのもあります。でも、本当にやっぱりすごいなと思いました」と感服していた。

 頂点は逃したが、心は晴れやか。「今回、銀メダルだったけど、自分自身のことは褒めてあげられるかなっていうところはある。悔しさで涙は出ましたけど、そこまで今引きずってない感じですかね。次に向かいたい。アーノルドとか、世界選手権とかに向かっていきたいと思います」と切り替えていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集