[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「今まで最も信じられないKOの一つだ」 フェザー級世界王者の左右5発つるべ打ち衝撃KOに米戦慄

ボクシングのWBA世界フェザー級タイトルマッチが日本時間8日に行われ、王者のリー・ウッド(英国)が挑戦者のジョシュ・ウォーリントン(英国)を衝撃的な7回TKOで撃破し、防衛を達成。米メディアも「あなたが今まで見てきた中で最も信じられないようなKOの一つだ」と評した。

WBA世界フェザー級タイトルマッチで防衛に成功したリー・ウッド【写真:ロイター】
WBA世界フェザー級タイトルマッチで防衛に成功したリー・ウッド【写真:ロイター】

WBA世界フェザー級タイトルマッチでリー・ウッドが防衛

 ボクシングのWBA世界フェザー級タイトルマッチが日本時間8日に行われ、王者のリー・ウッド(英国)が挑戦者のジョシュ・ウォーリントン(英国)を衝撃的な7回TKOで撃破し、防衛を達成。米メディアも「あなたが今まで見てきた中で最も信じられないようなKOの一つだ」と評した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 センセーショナルな幕切れは7回終了間際に訪れた。クリンチの状態で残り10秒を切り、引き離された両者だったが、直後にカウンターを放ったウッドの右フックが効くと、これを逃さずに猛ラッシュ。左右5発のつるべ打ちで顔面を打ち抜き、ウォーリントンが仰向けに倒れ込んだ。それと同時にラウンド終了の鐘。カウントは継続され、戦意喪失したウォーリントンが試合続行不能となり、勝敗は決した。

 米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式X(旧ツイッター)は「あなたが今まで見てきた中で最も信じられないようなKOの一つだ」と題して紹介。映像を見た米ファンからは「衝撃的な試合だ!」「なんてパンチだ」「驚異的だ! おめでとうチャンプ!」「エグいKOだな」「P4Pトップ級のパワーだ」「スコアカードで負けていたのに、それでも勝つ術を見つける。印象的だ」「4、5連打の正確性とパワー。恐ろしい」と驚きの声が上がった。

 2月にマウリシオ・ララ(メキシコ)に敗れ、王座陥落したものの、5月のダイレクトリマッチでベルト奪還を果たしていたウッド。この日は劣勢だったものの、衝撃的なTKO劇でフェザー級戦線で存在感を示した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集