[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子バレー日本、16年ぶり自力五輪切符に歓喜! 主将・石川祐希は涙「言葉にならない」

バレーボール男子のパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は7日、東京・代々木第一体育館で世界ランク4位の日本が同7位スロベニアと対戦。3-0でストレート勝ちした。この日、米国が3-0でセルビアを下したため、日本が来年のパリ五輪出場権を獲得した。自力での出場権獲得は、2008年北京五輪以来16年ぶり。

男子バレーの石川祐希【写真:Getty Images】
男子バレーの石川祐希【写真:Getty Images】

男子バレー・パリ五輪予選兼ワールドカップ

 バレーボール男子のパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)は7日、東京・代々木第一体育館で世界ランク4位の日本が同7位スロベニアと対戦。3-0でストレート勝ちした。この日、米国が3-0でセルビアを下したため、日本が来年のパリ五輪出場権を獲得した。自力での出場権獲得は、2008年北京五輪以来16年ぶり。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ストレート勝ちなら五輪出場権を獲得できる日本。第1セットはミスもあり、最大5点差をつけられるなど劣勢に。それでも小野寺のブロック、西田のスパイクなどで徐々に盛り返し、石川がスパイク、ブロック、スパイク、スパイクと4連続ポイントで18-16と逆転。25-21で第1セットを取った。第2セットも競った展開になったが、最後は西田がエンドラインいっぱいにスパイクを決め、25-22で連取した。

 取ればパリ五輪行きが決まる勝負の第3セット。日本は必死の守備から攻撃につなげて食らいつく。14-14から、日本のコートに返ってきたチャンスボールをセッターの関田がダイレクトで叩き込み、流れを呼び込んだ。石川のスパイクで24-17とマッチポイント。1点を返されたが、最後は相手のサーブが外れて25-18で勝利。日本は歓喜の輪を作った。富田将馬は、今年3月に胃がんで亡くなった元日本代表・藤井直伸さんのユニホームを掲げていた。

 8チーム中上位2チームに五輪切符が与えられる条件の中、2戦目でエジプトにまさかの敗戦を喫し、早々に追い込まれた状況となったが、そこから驚異の4連続ストレート勝ち。パリ出場が決まり、選手たちも場内インタビューで歓喜を爆発させた。

 主将の石川は目に涙を浮かべ「苦しい状況だったが、自分たちを信じて戦った結果だと思う。目標を達成してすごくうれしい。最高のメンバーだと思うし、自分たちの強さを証明できた。皆さんと喜べてとても幸せ」と語った。「言葉にならない。一番パフォーマンスがよかった。明日もいいパフォーマンスを出したい」とも語った。

▼男子バレー日本の戦績
9月30日フィンランド戦 3-2○
10月1日エジプト戦 2-3●
10月3日チュニジア戦 3-0○
10月4日トルコ戦 3-0○
10月6日セルビア戦 3-0○
10月7日スロベニア戦 3-0○
10月8日米国戦

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集