[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカー北朝鮮戦で日本の国歌斉唱に騒がしい会場に物議「失礼極まりない」「物凄いブーイング」【アジア大会】

杭州アジア大会は6日、女子サッカー決勝で日本が4-1で北朝鮮を破り、史上初の連覇を達成した。注目された一戦で試合前にファンをざわつかせるシーンも。日本の国歌斉唱にスタジアムが騒がしく、マナー違反を指摘する声が相次いだ。

女子サッカー決勝で対戦した北朝鮮と日本【写真:ロイター】
女子サッカー決勝で対戦した北朝鮮と日本【写真:ロイター】

女子決勝・日本―北朝鮮戦

 杭州アジア大会は6日、女子サッカー決勝で日本が4-1で北朝鮮を破り、史上初の連覇を達成した。注目された一戦で試合前にファンをざわつかせるシーンも。日本の国歌斉唱にスタジアムが騒がしく、マナー違反を指摘する声が相次いだ。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 試合前の国歌斉唱。日本のアナウンスがされた時だった。途端に会場がざわつき、ブーイングとも取れる騒然とした空気の中で君が代の演奏が始まった。以降もスタジアムが静まることなく、国際中継にもがやがやとした声やスティックバルーンを叩く音などが入っていた。対照的に北朝鮮の演奏が始まると、会場は大歓声。完全アウェーの空気が色濃く浮かび上がった。とはいえ、相手国の国歌は静粛に聞くのが観戦マナー。ネット上で気になったファンも多かった様子だ。

「日本 北朝鮮 関係なく国歌斉唱で騒ぐのよくない」「観客席から物凄いブーイング」「邪魔するように会場がざわめき伴奏が聞こえない」「国歌流れてるときくらい黙って」「いくらアウェーとはいえ 日本国歌流してる時の観客のマナーが良くないなあ」「国歌斉唱中に騒ぐな」「失礼極まりない」「相手国へのリスペクトがない」「国際的に見てもルール違反」「国歌のときにブーイングはやめて」などの声が上がり、波紋が広がった。

 試合は前半を1-1の同点で折り返したが、後半21分に左CKから大沢春花のヘッドで勝ち越し。その3分後には、18歳の谷川萌々子が鮮やかなミドルシュートで追加点を奪い、27分にも千葉玲海菜が得点。リードを広げ、そのまま勝ち切った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集