[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バスケ日本、25年ぶり金メダルならず 世界2位中国に72-74と惜敗、メダル獲得は5大会連続【アジア大会】

中国・杭州で行われているアジア大会は5日、バスケットボール女子の決勝が行われ、世界ランキング9位の日本は同2位の中国と対戦し72-74で敗れ、25年ぶりの金メダルはならなかった。

中国戦に出場した林咲希【写真:ロイター】
中国戦に出場した林咲希【写真:ロイター】

杭州アジア大会

 中国・杭州で行われているアジア大会は5日、バスケットボール女子の決勝が行われ、世界ランキング9位の日本は同2位の中国と対戦し72-74で敗れ、25年ぶりの金メダルはならなかった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 2006年ドーハ大会から4大会連続銅メダルの日本は、3日に行われた準決勝で韓国(同13位)との日韓戦を81-58で制し、金メダルを獲得した1998年大会以来の決勝進出を果たした。相手は世界ランキング2位の強豪中国。試合直後から地元の大歓声を浴びており、日本にとっては完全アウェーでの一戦となった。

 2021年の東京五輪銀メダルメンバー7人を擁する日本は、星杏璃がコンディション不良のため欠場。フリースローの際にブーイングが鳴り響くなど、異様な雰囲気の中で序盤から劣勢を強いられる。第1クオーター(Q)で16-26と10点リードを許すと、第2Qに入っても思うようにシュート成功率が上がらず、一時18-35と17点差をつけられてしまう。だが、そこから平下愛佳、林咲希が連続で3ポイントを成功。流れを掴んで追い上げ、40-45で試合を折り返した。

 第3Qは立ち上がり2分40秒以上無得点となる苦しい展開に。双方ともに思うようにスコアできず、51-57で勝負は最終Qへ。一進一退の攻防が続く中、ここから東京五輪銀メダルチームの底力を見せる。

 高田真希らが得点を重ねて徐々に点差を縮めると、残り4分3秒で赤穂ひまわりが決めて63-64と1点差。さらに残り3分2秒で川井麻衣の得点で65-65とした。その後も両者が点を取り合う展開となり、残り13.8秒で林がまたも値千金の3ポイントシュートを決めて72-72の同点に追いつく。大逆転への期待が高まったが、その後中国に得点を許すと、残り9秒からの日本の攻撃は不発に終わり、試合はそのまま72-74で終了。25年ぶりの決勝で日本らしい戦いを演じたものの、悔しい銀メダルで5大会連続のメダル獲得となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集