[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「1-4の敗戦は恥辱だ」と生中継で糾弾 日本に惨敗ドイツの元監督「もはや欧州トップではない」

サッカー日本代表は9日、ドイツ・ウォルフスブルクでドイツと親善試合を行い、4-1で快勝した。昨年カタール・ワールドカップ(W杯)以来の再戦。親善試合とはいえ日本に連敗を喫し、ドイツの元監督は「1-4の敗戦は恥辱だ」「もはや欧州トップではない」と辛辣な言葉を並べた。

日本に大敗し肩を落とすドイツの選手たち【写真:ロイター】
日本に大敗し肩を落とすドイツの選手たち【写真:ロイター】

国際親善試合

 サッカー日本代表は9日、ドイツ・ウォルフスブルクでドイツと親善試合を行い、4-1で快勝した。昨年カタール・ワールドカップ(W杯)以来の再戦。親善試合とはいえ日本に連敗を喫し、ドイツの元監督は「1-4の敗戦は恥辱だ」「もはや欧州トップではない」と辛辣な言葉を並べた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 日本がまたもドイツを下した。前半11分に右サイドからのセンタリングに伊東純也が合わせて先制。同19分に1点を返されたが、同22分に右から繋いだボールを上田綺世が押し込んだ。後半途中から浅野拓磨や久保建英らを投入。終了間際に浅野、田中碧が立て続けに得点を重ね、4-1で快勝してみせた。

 ドイツメディア「DW」は「日本がドイツを叩きのめし、ハンジ・フリックはプレッシャーの下にいるまま」との見出しで報道。フリック監督は会見でこう語ったという。

「理解しがたいとしても、我々は相手に対して上手く準備していた。我々はそれを続ける」「もちろん失望は深い。我々は守備をこじ開ける選択肢が少なかった。リロイ・サネの個人技で打開する場面はあった。我々は序盤は良かったものの、個人のミスが自信を砕き続けた」

 記事によると、ドイツ代表のディレクターであるルディ・フェラー氏は、ドイツ局「RTL」の中継に登場。2000年からドイツ代表監督を務め、02年日韓W杯で準優勝に導いた同氏。試合の評価を求められ「敗戦に値する」「恥だ」と糾弾したという。

「とても優れた日本代表チームと対戦したが、結局のところ1-4の敗戦は恥辱である。それは言っておかなければいけない」「このような敗戦の後には、我々みなが集まる必要がある。我々は欧州のトップではもはやないが、優れた選手たちはいる。今日それがわかったはずだ。今は少し落ち着いて、(考えを)寝かしつけてから考えようじゃないか」

 昨年カタールW杯の初戦でも日本が勝利。強豪ドイツを1次リーグ敗退に追いやったが、相手のホームで今度は大差をつけた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集