[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テニス全米OPの客席に裸足を“接着” 環境活動家が抗議、49分中断の経緯に海外辛辣「一生出禁にしろ」

テニスの4大大会・全米オープン(OP)は7日(日本時間8日)、女子シングルス準決勝のコリ・ガウフ(米国)とカロリーナ・ムチョバ(チェコ)の一戦が行われたが、その試合中に環境活動家の抗議活動により試合が49分中断。この経緯について大会側が声明を発表すると、海外ファンからは「一生出禁にしろ」「その接着剤は環境的に安全なのか?」などの声が上がっている。

女子シングルス準決勝に出場したコリ・ガウフ【写真:ロイター】
女子シングルス準決勝に出場したコリ・ガウフ【写真:ロイター】

女子シングルス準決勝で起きた抗議活動

 テニスの4大大会・全米オープン(OP)は7日(日本時間8日)、女子シングルス準決勝のコリ・ガウフ(米国)とカロリーナ・ムチョバ(チェコ)の一戦が行われたが、その試合中に環境活動家の抗議活動により試合が49分中断。この経緯について大会側が声明を発表すると、海外ファンからは「一生出禁にしろ」「その接着剤は環境的に安全なのか?」などの声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 場内が騒然としたのは、ガウフが第1セットを6-4で取り、第2セットの第1ゲームをキープした後だった。観客席で「END FOSSIL FUEL(化石燃料を終わらせろ)」と書かれたTシャツを着た環境活動家の人物が叫び始めたことで試合が中断。関係者が退場させようとしたものの抵抗し、中断時間は49分にも及んだ。

 全米オープン公式X(旧ツイッター)は試合後、「スタジアムの抗議者に対するUSTA(全米テニス協会)の声明」を投稿。「4人の抗議者のうち3人はそれ以上の出来事なしにスタジアムの外に退去させられた。4人目の抗議者は観客席の床に自身の裸足を張り付けていた。この行動の性質により、この人物をスタジアムから安全に退去させるために、ニューヨーク市警察と医療関係者の手が必要となった。4人の抗議者はニューヨーク市警察に拘置された。プレーが再開されるまで合計で49分が経過した」と経緯を説明した。

 この投稿に海外ファンも反応。「罰則はどれだけ重くなるのだろう」「逮捕して、一生出禁にしろ」「49分のディレイ かなりガチな接着剤だな」「その接着剤は環境的に安全なのか?」「馬鹿げている。彼らは何を成し遂げたと思っているんだ?」など環境活動家の行動に対して辛辣な声も上がっている。

 長時間の中断を挟んで再開された試合は、19歳のガウフが第2セットも7-5で制し、初の決勝進出を果たした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集