[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本で3P連発、“和製カリー”富永啓生に米国で止まぬ賛辞 今季が「驚異的シーズンになる」

沖縄も開催地の1つとなったバスケットボールのワールドカップ(W杯)で、アジア勢最高の順位となり2024年のパリ五輪出場を決めた男子日本代表は、本場の米国にも大きな驚きを与えたようだ。富永啓生がプレーする米ネブラスカ大が所属するNCAA(全米大学体育協会)ビッグテンカンファレンスは、「ワールドカップでの最高のストーリー」として日本代表を称えている。

W杯で活躍した富永啓生【写真:ロイター】
W杯で活躍した富永啓生【写真:ロイター】

W杯で大健闘の日本男子…米国でプレーする富永に再注目

 沖縄も開催地の1つとなったバスケットボールのワールドカップ(W杯)で、アジア勢最高の順位となり2024年のパリ五輪出場を決めた男子日本代表は、本場の米国にも大きな驚きを与えたようだ。富永啓生がプレーする米ネブラスカ大が所属するNCAA(全米大学体育協会)ビッグテンカンファレンスは、「ワールドカップでの最高のストーリー」として日本代表を称えている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 カンファレンスの公式X(旧ツイッター)は、富永の大会での活躍を伝える動画を公開した。公式レポーター、アナリストのアンディ・カッツ氏が語っているもので「W杯での最高のストーリーの1つは米国がパリ五輪行きを決めたことではありません。ネブラスカ大のケイセイ・トミナガが牽引した日本です」と断言した。

 さらに、ネブラスカ大のフレッド・ホイバーグHCが「トミナガが日本でしたようなプレーを、今季ネブラスカでもするのが待ちきれない」と言ったとし、富永がW杯で残した数字を「ある試合では17分間で11得点。1試合平均3ポイントはだいたい2.4本、(フィールドゴール)全体で44%の成功率でした」と高く評価している。

「今年はケイセイ・トミナガにとって驚異的なシニア学年のシーズンになるでしょう。思い出してください。昨年彼はただの3ポイントシューターではありませんでした。彼は2ポイントでも62%の成功率でした」と、大学で送るシーズンへの期待は高まる一方。最後に「彼はおそらくネブラスカ州の男子バスケットボールで最も人気のある選手で、間違いなくビッグ・テンでも他よりも優秀な選手になり、もしかするとシーズン前のオール・ビッグ・テン選手になるかもしれません」と予言していた。

 富永は昨季32試合に出場し、1試合平均25.1分の出場で13.1得点をマーク。得意の3ポイントシュートも40.0%の成功率を残し、現地メディアから“日本のカリー”などと称され話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集