[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

快挙の日本バスケ、歓喜の裏で“もう一人”の功労者に感謝の声「忘れてはいけない」「おかげで今がある」

バスケットボールのワールドカップ(W杯)は2日、沖縄アリーナでの順位決定リーグ(L)で世界ランク36位の日本が80-71で同64位カーボベルデを下し、48年ぶりに自力での五輪出場を決めた。歓喜に沸くファンは選手や監督、さらには名作漫画「スラムダンク」の作者にまで称賛や感謝を示しているが、一部では「あの人を忘れてはいけない」との声も噴出。SNS上では「日本バスケを救ってくれてありがとう」「あなたのおかげで今の日本バスケがある」と称賛されている。

パリ五輪への切符を手にし歓喜する日本代表【写真:(C)FIBA】
パリ五輪への切符を手にし歓喜する日本代表【写真:(C)FIBA】

48年ぶり自力で五輪出場権獲得

 バスケットボールのワールドカップ(W杯)は2日、沖縄アリーナでの順位決定リーグ(L)で世界ランク36位の日本が80-71で同64位カーボベルデを下し、48年ぶりに自力での五輪出場を決めた。歓喜に沸くファンは選手や監督、さらには名作漫画「スラムダンク」の作者にまで称賛や感謝を示しているが、一部では「あの人を忘れてはいけない」との声も噴出。SNS上では「日本バスケを救ってくれてありがとう」「あなたのおかげで今の日本バスケがある」と称賛されている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 悲願の五輪出場を叶えた日本バスケ。引退発言で自らを追い込みながらチームを牽引した渡邊雄太、最高の集団をまとめ上げたトム・ホーバス監督に称賛の声が集まり、日本バスケの盛り上げに大きく貢献した「スラムダンク」の作者、井上雄彦氏の貢献度にも脚光が集まっている。

 そんな中で、今回の快挙を達成したチームに賛辞を送っていたのが、日本トップリーグ連携会長の川淵三郎氏。Jリーグ、日本サッカー協会会長を歴任し、2015年に日本バスケットボール協会会長に就任。当時はNBLとTK bjリーグが並立していたため、国際バスケットボール連盟(FIBA)から国際大会出場の資格停止を受けていたが、これを統合してBリーグ発足に尽力。国際試合出場資格が回復し、代表チームの強化が一気に進んだ。

 そんな歴史を知るファンは、川淵氏の公式X(旧ツイッター)の投稿に反応。「あの時、日本バスケを救ってくださってありがとうございました」「川淵さんがいたおかげて今の日本バスケがある」「川淵キャプテンの仕事も今日の五輪出場に大きく貢献してくれたと感謝するバスケファンは多いと勝手に思ってます」「日本バスケ躍進も川淵さんのおかげです」「これこそオールジャパン文字通り全員の勝利です」「あの時、川淵さんが立ち上がってくださったからこその光景です」など、功労者に対する感謝のコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集