[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の話題で213勝右腕が警鐘 トミー・ジョン手術2度なら「普通じゃない!起こるべきじゃない」

右肘の靭帯に損傷があると判明した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の今後について、ブレーブスなどで通算213勝154セーブを残し、野球殿堂入りも果たしているジョン・スモルツ氏が予想している。自身も肘を痛めトミー・ジョン手術の経験がある大投手は「私なら2つの契約を用意する」と、今オフFAとなる大谷の新契約についても語った。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷は二刀流復活へ向けて「できる限りのことをすると思う」

 右肘の靭帯に損傷があると判明した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の今後について、ブレーブスなどで通算213勝154セーブを残し、野球殿堂入りも果たしているジョン・スモルツ氏が予想している。自身も肘を痛めトミー・ジョン手術の経験がある大投手は「私なら2つの契約を用意する」と、今オフFAとなる大谷の新契約についても語った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏のポッドキャスト番組に出演したもの。バーランダー氏からの「大谷は再び投球することになると思うか」という問いにスモルツ氏は「彼はマウンドに戻ってくるために、できる限りのことをすると思う」とあくまで二刀流の復活を目指すと予想した。

 その上で、今オフFAとなることを踏まえ「私なら、彼のために2つの契約を用意するという、とてもクリエイティブな交渉をすると思う。1つは野手用、もう1つはインセンティブ付きの投手用の契約をね」と、球団側は投手としての復帰と、野手1本に絞るという2パターンを想定した交渉をする可能性を指摘する。

「彼は修復の治療を受けると思う。修復せずに行くとは思わない。ということはまた1年間投げないことになる。それは時が経てば分かることだ。それでもまだ打つことができるというのは素晴らしいことだ」と、来季は打者としてだけのプレーとなる可能性もあるという。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集