[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

千賀滉大に12三振、首位マリナーズ脱帽 脅威のお化けフォークに「あんなボールそう見られない」

米大リーグ・メッツの千賀滉大投手が1日(日本時間2日)、本拠地マリナーズ戦に先発登板。7回5安打1失点、メジャー自己最多タイの12奪三振と好投した。鋭く、大きく落ちるフォークも駆使してア・リーグ西地区首位の相手を翻弄。マリナーズ側は「彼には脱帽」「あれを見送るのは難しい」とお手上げだった。

マリナーズ戦、7回1失点12奪三振と好投したメッツの千賀滉大【写真:ロイター】
マリナーズ戦、7回1失点12奪三振と好投したメッツの千賀滉大【写真:ロイター】

メジャー自己最多タイの12奪三振

 米大リーグ・メッツの千賀滉大投手が1日(日本時間2日)、本拠地マリナーズ戦に先発登板。7回5安打1失点、メジャー自己最多タイの12奪三振と好投した。鋭く、大きく落ちるフォークも駆使してア・リーグ西地区首位の相手を翻弄。マリナーズ側は「彼には脱帽」「あれを見送るのは難しい」とお手上げだった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 千賀がマリナーズ打線の前に立ちふさがった。4回先頭の1番クロフォードにソロ本塁打を浴びるも、失点はこれだけ。7回まで毎回奪三振を記録し、6回無死一、二塁のピンチではロドリゲスを“お化けフォーク”で空振り三振。続くスアレスは155キロの速球、最後はラリーをフォークでそれぞれ仕留め、3者連続三振でピンチ脱出した。

 1-1の同点で降板したため11勝目こそ逃したが、圧巻のピッチングで2-1で勝ったチームに貢献。米ワシントン州地元紙「シアトル・タイムズ」は、対戦相手のコメントを掲載している。

 千賀からソロを打ち、初回には空振り三振を喫しているクロフォードは「彼は(フォークボールを)強く投げてくるが、映像で見ていただけで実際に打席で見ると、思っていたよりも動いていたんだ」と“お化けフォーク”を見た驚きを口にし、「それを見て、彼には脱帽だね。あんなボールはそうそう見られないよ」と称賛していた。

 スコット・サービス監督は「センガの(フォークボール)を初めて見た」と振り返り、「それが彼の決め球だと知っていたが、言われていた通りだったよ。本当にいい球だ。うちの選手には、あれを見送るのは難しかった」と鋭い変化に舌を巻いていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集