[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス新人がまずい守備ミスで失点 最下位相手に「なぜ投げない」「完全に怠慢」とファン嘆き

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場した。相手は30球団ワーストの勝率.291だが、4回を終えて5点リードを許す苦しい展開。MLBデビューを果たしたキレン・パリス内野手にもまずい守備が生まれてしまった。「あの中継はダメだよなあ」「完全にパリスの怠慢だった」と日本ファンも指摘していた。

エンゼルスのキレン・パリス【写真:Getty Images】
エンゼルスのキレン・パリス【写真:Getty Images】

勝率ワーストのアスレチックスにリード許す

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場した。相手は30球団ワーストの勝率.291だが、4回を終えて5点リードを許す苦しい展開。MLBデビューを果たしたキレン・パリス内野手にもまずい守備が生まれてしまった。「あの中継はダメだよなあ」「完全にパリスの怠慢だった」と日本ファンも指摘していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 0-0で迎えた4回にエンゼルスは一挙5失点。先発サンドバルが3点を失って降板し、なおも2死一、二塁の場面だった。相手の2番ゲロフが左中間を破る適時二塁打。中継に入った遊撃のパリスにボールが渡ったが、この間に一塁走者のルイーズまで返ってきてしまった。すぐにホームに投げればアウトにできた可能性はあったが、パリスは走者が目に入っていなかったようだ。

 0-5とリードを広げられ、X(旧ツイッター上)の日本ファンも嘆きの声を上げた。「あの中継はダメだよなあ」「完全にパリスの怠慢だった」「何で直ぐにホームになげないのか」などと投稿されていた。

 パリスは打撃ではMLB初打席で死球、2打席目は三塁手のエラーで出塁。エンゼルスは主力をウェーバーにかけて放出するなど、今季は事実上の“終戦モード”。若い選手のミスに「これからの選手」「失敗を経験して成長していく段階」などと寛容な声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集