[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スラムダンク名場面と一致したバスケ日本が話題沸騰 投稿主に絶賛の嵐「泣く」「粋なことするFIBA公式」

バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は27日、グループリーグ第2戦で日本がフィンランドに98-88で勝利。17年ぶりのW杯勝利という歴史的1勝を挙げた。大金星後には、名作漫画「スラムダンク」と“一致”した名場面が誕生。FIBA公式X(旧ツイッター)が紹介した。これがファンの間で「粋なことをしてくれるFIBA公式」と大きな話題になっている。

フィンランド戦でプレーする富永啓生【写真:Getty Images】
フィンランド戦でプレーする富永啓生【写真:Getty Images】

FIBAバスケットボールW杯2023

 バスケットボールのワールドカップ(W杯)日本・フィリピン・インドネシア共催大会は27日、グループリーグ第2戦で日本がフィンランドに98-88で勝利。17年ぶりのW杯勝利という歴史的1勝を挙げた。大金星後には、名作漫画「スラムダンク」と“一致”した名場面が誕生。FIBA公式X(旧ツイッター)が紹介した。これがファンの間で「粋なことをしてくれるFIBA公式」と大きな話題になっている。

 ファンにとっても感涙必至の名場面。なんとも印象的なシーンが生まれた。

 FIBA公式Xが紹介したのは2枚の画像。左はスラムダンクで山王工業戦に勝利した桜木花道と流川楓がハイタッチを交わす超名シーンだ。右は同じような構図でこの日の渡邊雄太と富永啓生がハイタッチを交わすもの。

 FIBAが「Slam Dunk vibes(スラムダンクバイブス)」と記してシェアした投稿には、日本人からコメントが殺到した。

「粋なことをしてくれるFIBA公式」
「世界のスラムダンク」
「FIBAがスラムダンクいじりしてる」
「実写スラムダンク!!」
「これは痺れるって!」
「FIBA公式わかってるやん。。。泣けるぞ」
「これリンクしすぎでしょ!!」
「まさに山王戦…涙涙」
「FIBA公式が花道&流川!」
「これは泣くしかないからね」
「なんなんコレ! 最高」

 など、偶然一致したことへの感動や、これを取り上げたFIBA公式への称賛が相次いだ。原作では、全力を出し尽くした湘北は次戦で大敗してしまうだけに「そこは真似しないで良いからね(笑)」という声もあった。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集