[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界陸上史上初の金メダル2人誕生 女子棒高跳び、笑顔のハグで争わず 世界陸連も感動「誰か玉ねぎ刻んだ?」

ブダペスト世界陸上は23日(日本時間24日)、女子棒高跳び決勝が行われ、4メートル90で並んだニナ・ケネディ(豪州)とケイティ・ムーン(米国)の2人はジャンプオフを選択せず、大会史上初めて1種目2人の金メダリストが誕生した。

世界陸上・女子棒高跳びで2人の金メダリストが生まれた【写真:ロイター】
世界陸上・女子棒高跳びで2人の金メダリストが生まれた【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は23日(日本時間24日)、女子棒高跳び決勝が行われ、4メートル90で並んだニナ・ケネディ(豪州)とケイティ・ムーン(米国)の2人はジャンプオフを選択せず、大会史上初めて1種目2人の金メダリストが誕生した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 競技は4メートル90に成功したケネディとムーンが4メートル95にチャレンジしたが、ともに失敗。2人は歩み寄り言葉をかけると、笑顔で抱き合った。再度競技をして金メダルと銀メダルを決めるジャンプオフを行わず、2人で金メダルを獲得することを選んだ。

 なんとも友好的なシーン。世界陸連公式X(旧ツイッター)は「誰か玉ねぎを刻んだ? 世界陸上史上初めて、1つの種目で金メダル2人が生まれた」と涙必至の場面として、その模様をシェアした。世界の陸上ファンに感動を誘っていた。

 東京五輪では男子走り高跳びで同様にジャンプオフを選択せず、同様に2人の金メダリストが生まれた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集