[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上ファン仰天 まくりの鉄人ハッサンが逃げた理由「私はクレイジーなほど好奇心旺盛よ」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は23日(日本時間24日)、女子5000メートル予選が行われ、23歳の田中希実(New Balance)は従来の記録を15秒近く更新する日本新記録14分37秒98の2組6着で決勝進出を決めた。このレースを引っ張ったのは世界的ランナーのシファン・ハッサン(オランダ)。いつもは集団後方につけ、まくる鉄人女王が序盤から先頭に立って驚かせたが、その理由について本人が語った。

世界陸上・女子5000m予選で先頭を走るシファン・ハッサン【写真:ロイター】
世界陸上・女子5000m予選で先頭を走るシファン・ハッサン【写真:ロイター】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は23日(日本時間24日)、女子5000メートル予選が行われ、23歳の田中希実(New Balance)は従来の記録を15秒近く更新する日本新記録14分37秒98の2組6着で決勝進出を決めた。このレースを引っ張ったのは世界的ランナーのシファン・ハッサン(オランダ)。いつもは集団後方につけ、まくる鉄人女王が序盤から先頭に立って驚かせたが、その理由について本人が語った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 女子5000メートル予選2組は驚きの光景が繰り広げられた。号砲とともに走り出した20人は互いにけん制し合う展開。すっと先頭に立ったのはオレンジのシャツ、ハッサンだった。いつもは集団後方につける鉄人女王がまさかの逃げ。レースを積極的に引っ張り、ラスト1周のラストスパートでも粘って14分32秒29で1着。田中の日本記録を引き出すペースで圧巻の走りを見せつけた。

 とはいえ、ハッサンが逃げるというのは異例ともいえる。レース後の取材エリアで、その理由を問われると「4か月前にマラソンを走ったところで、私の体に何ができるか見たかった。何が起こるか、何ができるか確かめたかった。私はクレイジーなほど好奇心旺盛な人だから」と言い、いつもと異なる展開を意図的に試みたという。「誰も前に出ようとしなかったから、ハードなレースにしてやろう」と発奮したようだ。

 1500メートルで銅、5000メートルと1万メートルを制した東京五輪と比べたコンディションについては「違ったレベル」と言い、「4か月前にマラソンを走ったところで、6週間後にもマラソン(9月のシカゴマラソン)が控えている。だからバランスを取っていて、100%の状態というわけではない。マラソンのことも取り組んでいるから、これまでの状態とは違う」と語ったが、鉄人女王の力強さは健在だ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集