[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、初回44号2ラン→2回緊急降板 “悪夢の12分間”に米記者も一転絶句「Wow,何が起きたんだ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場し、まさかのアクシデントに見舞われた。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ラン。シーズン56発ペースとし、メジャーキング単独1位に浮上した。しかし、直後の2回のマウンドで緊急降板。“悪夢の12分間”に番記者やファンから歓喜から一転、悲鳴が上がった。

レッズとのダブルヘッダー第1戦初回に44号を放ってダイヤモンドを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッズとのダブルヘッダー第1戦初回に44号を放ってダイヤモンドを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッズとのWヘッダー第1戦に「2番・投手」で出場も…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場し、まさかのアクシデントに見舞われた。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ラン。シーズン56発ペースとし、メジャーキング単独1位に浮上した。しかし、直後の2回のマウンドで緊急降板。“悪夢の12分間”に番記者やファンから歓喜から一転、悲鳴が上がった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 わずか12分間の出来事だった。初回無死一塁、初対戦の左腕アボットの初球をかっ飛ばし、115.7マイル(時速約186.2キロ)、442フィート(約134.7メートル)の豪快44号2ラン。自らを援護する先制弾で幸先良いスタートを切ったが、2回の投球で先頭に四球を出し、1死の後、打者ボットに対してカウント2-2からの5球目がファウルとなったところで、小さく首を振り、指先を気にするような仕草を見せた。トレーナーを呼び寄せ、そのまま話し込んだ後に降板した。

 初回は打者2人から三振を奪い、完璧な立ち上がりだっただけにまさかの展開に。X(旧ツイッター)上のファン、記者も騒然となり、ホームラン直後は「ショウヘイ・オオタニが初球を叩きのめし44号2ラン。今季91打点とした」と興奮気味に速報していたAP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「Wow、ショウヘイ・オオタニが26球で降板した。何が起きたのかまだ分からない」と言葉を失った。

 他にも、MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「Uh oh。ショウヘイ・オオタニがトレーナーのマイク・フロスタッドとともに降板した。何が起きたんだろうか」、米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者も「ショウヘイ・オオタニが2回、何か体の問題で降板した。マウンド上ではあまり議論されている様子ではなかった」と伝え、驚きが広がった。

 球団はその後、降板の理由について「腕の疲労」と発表。3回の打席で代打を送られ、試合からも退いた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集