[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚愕44号は登板投手史上最速弾! 時速186kmで自分超え、1位~5位まで「Shohei Ohtani」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ランを放ち、メジャーキング単独1位に浮上した。115.7マイル(時速約186.2キロ)、442フィート(約134.7メートル)の豪快弾で大谷がまた新たな記録で1位に名前を連ねたことをMLB公式サイトのサラ・ラングス記者が伝えた。

レッズとのダブルヘッダー第1戦初回に44号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッズとのダブルヘッダー第1戦初回に44号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッズとのダブルヘッダー第1戦で44号2ラン

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ランを放ち、メジャーキング単独1位に浮上した。115.7マイル(時速約186.2キロ)、442フィート(約134.7メートル)の豪快弾で大谷がまた新たな記録で1位に名前を連ねたことをMLB公式サイトのサラ・ラングス記者が伝えた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 初回無死一塁、大谷は初対戦の左腕アボットをお構いなしに初球をかっ飛ばし、115.7マイル(時速約186.2キロ)、442フィート(約134.7メートル)の豪快44号2ランとした。ほどなくラングス記者はX(旧ツイッター)を更新。「スタットキャストの計測開始(2015年)以来、投手の放った本塁打の打球速度ランキング」とし、以下のように記した。

Today Shohei Ohtani: 115.7 mph
4/4/21 Shohei Ohtani: 115.2 mph
9/10/21 Shohei Ohtani: 114.7 mph
5/15/23 Shohei Ohtani: 114.6 mph
6/9/23 Shohei Ohtani: 112.9 mph
4/2/17 Madison Bumgarner: 112.5 mph

 この日の大谷が登板した投手としては自身が2021年4月4日に放った115.2マイル(約185.4キロ)を超え、計測史上1位になったという。さらに5位まですべて大谷。リアル二刀流の凄さがまざまざと伝わるデータとなった。なお、大谷は2回に「腕の疲労」のため緊急降板。3回の打席で代打を送られ、試合からも退いた。大事にならず、さらなる本塁打の量産が期待される。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集