[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、最下位12着で1500m決勝進出ならず 準決勝敗退「自分のしたい走りさせてもらえず…」【世界陸上】

ブダペスト世界陸上は20日(日本時間21日)、女子1500メートル準決勝が行われ、東京五輪8位入賞の23歳・田中希実(New Balance)が4分6秒71の1組12着で敗退。この種目で日本人初となる決勝進出はお預けとなった。上位12人で争う決勝は22日(日本時間23日)に行われる。

世界陸上・女子1500メートル準決勝1組で走る田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上・女子1500メートル準決勝1組で走る田中希実【写真:Getty Images】

ブダペスト世界陸上

 ブダペスト世界陸上は20日(日本時間21日)、女子1500メートル準決勝が行われ、東京五輪8位入賞の23歳・田中希実(New Balance)が4分6秒71の1組12着で敗退。この種目で日本人初となる決勝進出はお預けとなった。上位12人で争う決勝は22日(日本時間23日)に行われる。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 田中は勝負のスタートラインに立った。名前をコールされると、ブダペストの夕日を浴びながらカメラに一礼。ピストル音とともに勢いよく飛び出した。ポジション争いでは集団に飲み込まれる形に。300メートルであえて最後方に下がり、走りやすい外に出た。500メートルで1分24秒51のスローペース。1000メートルも集団やや後方の7番手だった。

 残り1周でペースアップ。スピードについていけず、じりじりとさをつけられた。残り200メートルで最下位に。海外選手たちの背中を追う形で最後にフィニッシュした。

 レース後の中継局インタビューで「自分のしたい走りができなかったというか、させてもらえなかった。着順争いのレースになると弱さが出て来た。位置取りの下手さだったり、思い切っていくことができず、ぶら下がっていくというより自分から仕掛けようとしたけど、仕掛けるタイミングも向こうの方が早かった。その時点で自分の走りできなかった」と悔しさを露わにした。

 それでも、次なるターゲット5000メートルへ向け「2種目で決勝に残りたい気持ち強かったけど、5000メートルが残っている分、全身全霊をかけて頑張らないと。決勝に残って今度こそ勝負をしたい」と気持ちを切り替えた。

 前日の予選は今季ベストタイムとなる4分04秒36で通過圏内ぎりぎりの組6着だった。

 昨年オレゴン世界陸上は日本人初の個人3種目に出場。1500メートルは日本人過去最高の準決勝組6着ながら敗退、800メートルは予選落ち、5000メートルは決勝12位に留まるなど涙を流す結果となった。4月からNew Balanceに所属し、覚悟を決めてプロ転向。6月の日本選手権は1500メートルと5000メートルでぶっちぎって史上初の2年連続2冠を達成し、ケニア合宿などを挟んで今大会を迎えた。

 3大会連続3度目の世界陸上は、23日に予選が行われる5000メートルと合わせて2種目に出場する。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集