[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“誤審”に泣いた「最も残酷な三振の犠牲者」に米紙同情 打者呆然のストライク判定に疑問の声

吉田正尚外野手が所属するレッドソックスで、主力のジャスティン・ターナー内野手が受けた“酷すぎる誤審”に米紙「USAトゥデイ」も困惑の声を上げた。「ファンは球審が、ジャスティン・ターナーにとんでもなく酷い三振判定したことが信じられなかった」などと記事で伝えている。

レッドソックスのジャスティン・ターナー【写真:Getty Images】
レッドソックスのジャスティン・ターナー【写真:Getty Images】

レッドソックスのターナー、自信たっぷりに見逃した投球がストライクに

 吉田正尚外野手が所属するレッドソックスで、主力のジャスティン・ターナー内野手が受けた“酷すぎる誤審”に米紙「USAトゥデイ」も困惑の声を上げた。「ファンは球審が、ジャスティン・ターナーにとんでもなく酷い三振判定したことが信じられなかった」などと記事で伝えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 これは15日(日本時間16日)に行われたナショナルズ戦での一場面。4回2死無走者、フルカウントで打席に立っていたターナーは、フルカウントから左腕ガルシアの投球を自信たっぷりに見逃した。外角へのスライダーは、ストライクゾーンを大きく外れているように見える。

 ところが一塁へ歩く準備をしている時に、背中から浴びせられたのは三振のコール。ターナーは思わず頭を抱え、苦笑いを見せている。記事は「レッドソックスの三塁手ジャスティン・ターナーは、今季あなたが見てきた中で最も残酷な三振の犠牲者となった」「ストライクゾーンから大きく外れた球で三振に倒れた。外れすぎていたためターナーは賢く振らなかった。あまりにも簡単な判断だったからだ」と状況を伝えている。

 そして「奇妙な三振にターナーは呆然。ナショナルズの実況席すら良い判定だとは思わなかった」と、誰もが疑問に思っているというスタンスをとっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集