[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説のG1エリ女を彷彿 海外競馬で5頭「短頭+短頭+鼻+頭差」大激戦が話題「ハンデキャッパーの勝利」

海外競馬でハンデキャッパーに称賛が集まる大激戦が生まれた。5頭が横一線でゴール板を駆け抜け、その着差は「短アタマ+短アタマ+ハナ+アタマ」という結末に「ハンデキャッパーの勝利です」との声が寄せられた。

海外競馬でハンデキャッパーに称賛が集まる大激戦(画像はイメージです)【写真:Getty Images】
海外競馬でハンデキャッパーに称賛が集まる大激戦(画像はイメージです)【写真:Getty Images】

スコットランド競馬で5頭が横一線でゴール

 海外競馬でハンデキャッパーに称賛が集まる大激戦が生まれた。5頭が横一線でゴール板を駆け抜け、その着差は「短アタマ+短アタマ+ハナ+アタマ」という結末に「ハンデキャッパーの勝利です」との声が寄せられた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 話題になっているのは11日にスコットランドのマッセルバラ競馬場の8頭立てで行われた芝2500メートルのハンデ戦。直線に入って先団3頭の叩き合いに。最内の黒い帽子シンプルスターが抜け出しにかかるが、ラスト100メートルで外から2頭が飛んでくる。完全に5頭が並んでゴール板を駆け抜けた。

 結果は叩き合いを制した最内シンプルスターが1着。その外で競り合ったフリークアウトが2着、大外から強襲したアラフランセーズが3着となったが、5頭までの着差は「短アタマ、短アタマ、ハナ、アタマ」という大激戦だった。

 ハンデキャッパー冥利に尽きるような展開に海外メディアも驚き。英競馬専門放送局「レーシングTV」公式X(旧ツイッター)は「ハンデキャッパーはマッセルバラ(スコットランド)の最初のレースの結果に喜んでいる」と動画付きで伝えた。

 海外競馬ファンからは「横一線のフィニッシュ」「BOX4頭に賭けていたら!」「美しい」「横一線に並ぶ馬群、シンプルスターが僅差での勝利!」との声。

 また、日本人からも「ハンデキャッパーの勝利です」と称賛の声が上がったほか、トゥザヴィクトリーが制した2001年のG1エリザベス女王杯(着差はハナ、ハナ、クビ、クビ)の5頭大激戦を思い返すファンもいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集