[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米国で評価上昇中、千賀滉大の“才能”を19年HR王アロンソが激賞「合流1日目から馴染んでいた」

米大リーグ・メッツの千賀滉大投手は、7日(日本時間8日)に行われた本拠地カブス戦で6回を投げて7安打2失点、6奪三振でチームの11-2の勝利に貢献。1か月ぶりとなる8勝目(6敗)を挙げた。MLB挑戦1年目ながらここまで持ち味を発揮しているが、ニューヨーク地元局は試合後に同僚が絶賛したと伝えている。

メッツの千賀滉大【写真:ロイター】
メッツの千賀滉大【写真:ロイター】

カブス戦で8勝目の千賀滉大を同僚が絶賛

 米大リーグ・メッツの千賀滉大投手は、7日(日本時間8日)に行われた本拠地カブス戦で6回を投げて7安打2失点、6奪三振でチームの11-2の勝利に貢献。1か月ぶりとなる8勝目(6敗)を挙げた。MLB挑戦1年目ながらここまで持ち味を発揮しているが、ニューヨーク地元局は試合後に同僚が絶賛したと伝えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 試合中に雨が降る展開にも動じなかった。千賀は代名詞である“お化けフォーク”も駆使しながら、カブス打線を翻弄。6回を2失点に抑えると、打線の援護もあり今季8勝目を手にした。

 米国挑戦1年目から堂々としたパフォーマンスを続けているが、米ニューヨーク州地元局「スポーツネット・ニューヨーク」は「ピート・アロンソが『アメージング』なシーズンを過ごす右腕コウダイ・センガの『サイ・ヤング賞』のポテンシャルを説明する」との見出しで特集。記事内では同僚のピート・アロンソ内野手のコメントを紹介しており、2019年に53HRで本塁打王、22年には131打点で打点王を獲得した一流打者が「彼はアメージングだよ」と手放しで千賀を称賛したという。

 さらに「強力な戦力。素晴らしいチームメートでグラウンド内だけでなく、コミュニケーションや英語の学習、新たな文化を学ぶ事も含めて、彼の仕事量のおかげで、成長にかかる時間は完全に取り消された。合流1日目から馴染んでいたからね」とグラウンド内外での振る舞いを絶賛。「今年、彼のやっていることは最高だ。彼がそれを続けてサイ・ヤング賞を受賞するチャンスを得てほしいと願っているよ」とエールを送っていたと伝えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集