[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の「本当に驚いた」フルトン撃破の秘訣 米名トレーナーが断言「簡単ではない」

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)を支える技術について、米国の名トレーナーが絶賛した。7月25日にスティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちし、4階級制覇を達成。ダウンシーンにも繋がったジャブについて「本当に驚いた」「簡単ではない」と語っている。

WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

米トレーナーがフルトン戦を分析

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)を支える技術について、米国の名トレーナーが絶賛した。7月25日にスティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちし、4階級制覇を達成。ダウンシーンにも繋がったジャブについて「本当に驚いた」「簡単ではない」と語っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は、井上に関する記事を掲載した。記事に登場したのは、「ブレッドマン」の異名で知られる米国の名トレーナー、スティーブン・エドワーズ氏。勝利の鍵になった部分を問われ、「ジャブだ」と断言した。

「私はイノウエがフルトンにジャブで打ち勝っていて本当に驚いた。彼のジャブはとても破壊的だった。フルトンのリズムを崩しただけでなく、立ち位置を維持させなかった。フルトンが足場を固め、自分の仕事を始めようとするたびに、イノウエはジャブを頭部とボディーに打つことで、フルトンに立ち位置を探させ続けることを強いていた」

 井上は8回にボディージャブから右ストレートを一閃。ふらついたところに左フックを浴びせ、ダウンを奪った。致命的ダメージを与え、再開後のラッシュで決着。序盤から効果的に散らしていたジャブが生かされる形となった。エドワーズ氏は2人が再戦した場合の井上攻略プランに触れた。

「ジャブを確立させることはシンプルだが、簡単ではない。イノウエは自分よりも背が高く、リーチも長い相手に素晴らしいゲームプランを持っていた。もしも再戦があるとすればシンプルだ。フルトンはジャブで打ち負けてはいけない。私であれば、まず初めにイノウエのジャブを奪うことに取り組むだろう」

 ジャブを封じることも難しくなるはずだが、エドワーズ氏は持論を語っていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集