[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怒りのラケット破壊ジョコビッチに海外批判 「赤ん坊がおもちゃを投げる」「自業自得だ」の声も

テニスの4大大会・ウィンブルドン選手権は16日、英ロンドンで男子シングルス決勝が行われ、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第1シードのカルロス・アルカラス(スペイン)にフルセットの末敗れた。ジョコビッチは試合中、ラケットを破壊するシーンも。複数の海外メディアがこの場面を報じ、「赤ん坊が乳母車からおもちゃを投げた」などといった海外ファンの声も紹介されている。

ウィンブルドン決勝で敗れたノバク・ジョコビッチ【写真:ロイター】
ウィンブルドン決勝で敗れたノバク・ジョコビッチ【写真:ロイター】

ウィンブルドン決勝でフルセットの末に敗れる

 テニスの4大大会・ウィンブルドン選手権は16日、英ロンドンで男子シングルス決勝が行われ、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第1シードのカルロス・アルカラス(スペイン)にフルセットの末敗れた。ジョコビッチは試合中、ラケットを破壊するシーンも。複数の海外メディアがこの場面を報じ、「赤ん坊が乳母車からおもちゃを投げた」などといった海外ファンの声も紹介されている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 感情を抑えられなかった。フルセットにもつれた決勝。最終セットで先にブレークを許したジョコビッチは、怒りのあまり手にしていたラケットをネット端のポールに投げつけた。ラケットは曲がって使えない状態に破壊されてしまった。このまま敗れ、24度目の4大大会制覇はならなかった。

 怒りを道具にぶつけてしまったジョコビッチの行動については、複数の海外メディアが記事などで報じた。スペインのスポーツ紙「アス」英語版では「ウィンブルドン決勝でラケットを破壊したノバク・ジョコビッチにはいかなる処罰が与えられたのか?」との見出しで記事を掲載した。

 ラケット破壊については「一瞬の激高」と表現し、「いかなる処罰を受けたのだろうか?」とその後についても注目。「苛立ってネットにラケットを投げつけ、スペインの若手は観客に向かって耳を覆った。怒りのリアクションにより、コードバイオレーションを受けた」「36歳はプレッシャーを感じており、この時何かを失ったことに気づいていたのだ」とジョコビッチの様子を伝えた。

 英紙「ミラー」電子版は、このシーンに批判的に反応したSNS上の海外ファンの声を記事で伝えた。「ジョコビッチは正気を失っている」と冷静さを失った様子を伝える投稿のほか、「ジョコビッチは癇癪を起して手首を痛めた。自業自得だ」「赤ん坊のジョコビッチが乳母車からおもちゃを投げている」などと怒りの場面を表現するファンもいたという。

「ミラー」の記事では「ジョコビッチが苦境に立たされるのはこれが初めてではなかった。その前にサーブに時間をかけ過ぎたことでタイムバイオレーションの警告を受けていた」と伏線についても記されていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集