[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「小さい頃から有言実行の子」 父が証言、19歳櫻井心那がもう叶えてみせた「10代で優勝」

父が回顧「『一発でプロテストに受かる』と言って実現しました」

「心穏やかに」の由来でつけられた「心那」の名の通り、キャラクターはホンワカしている。だが、父・一也さんは「小さい頃から有言実行の子でした。小6で小学生の九州大会に優勝して、本気でプロになると思い始め、高校時代には『一発でプロテストに受かる』と言って実現しました」と振り返った。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 21年11月のプロテスト合格後は、同期の川崎春花、尾関彩美悠が先にレギュラーツアー出場権を獲得。昨年は優勝も先んじられた。

「確かに焦りましたが、昨年、私はステップ・アップ・ツアーにいたのでどうしようもなかったです。でも、自分の中では『10代のうちに優勝したい』と思っていました。それができたのは良かったです」

 今後の目標は「海外で活躍すること」。昨年8月、出場機会を得た初の海外試合・シモーネアジアパシフィックカップ(インドネシア)で、渋野日向子ら米女子ツアーの選手が大勢のファンに囲まれ、サインをする姿に感動したからだという。

「地元でもないのにたくさんの人に応援されていて、『すごい。ああなりたい』と思いました。早い方がいいので、来年にもチャンスがあったらアメリカのQスクール(ツアー予選会)を受けたいと思っています」

 その前に果たしたい目標もある。今年9月、地元・長崎で開催される国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯で優勝することだ。日本代表・森保一監督と同じ長崎日大高出身。地元を愛する19歳は「W杯の時は地元でも(森保監督のことで)盛り上がりましたし、私もそういう存在になりたいです」と目を輝かせた。

(柳田 通斉 / Michinari Yanagida)


国際女性ウィーク

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集