[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平150m弾に球審がまさかの行動 打った瞬間の“確信”に「早すぎて笑う」と驚きの声

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発し、2戦連発となる150メートルの特大30号ソロを含む2打数1安打1打点、2四球だった。6月15本目で3年連続30号の大台に到達する年間57本ペース。MLB公式が一塁側から撮られた動画を公開した。日本のファンからは「打った瞬間にもう球審がボールを渡す」「審判も確信してる」と意外な注目が集まっている。

ダイヤモンドバックス戦、2戦連発となる30号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス戦、2戦連発となる30号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷、相手投手、実況、ファン、球審も揃って「確信」の150m特大30号

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発し、2戦連発となる150メートルの特大30号ソロを含む2打数1安打1打点、2四球だった。6月15本目で3年連続30号の大台に到達する年間57本ペース。MLB公式が一塁側から撮られた動画を公開した。日本のファンからは「打った瞬間にもう球審がボールを渡す」「審判も確信してる」と意外な注目が集まっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 球審も確信していたようだ。0-5の6回先頭。大谷は先発左腕ヘンリーから493フィート(約150.2メートル)の超特大弾。ヘンリーは右翼席に消える打球を見送ることなくうなだれたが、あっさりと行方を追うのをやめたのは球審も同じだった。打球にはチラッと目をやっただけ。マスクを外しながら前に出ると、ポケットから取り出した新しいボールを捕手にトスした

 MLBスペイン語版公式ツイッターや米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが一塁側から捉えた動画を公開。日本のファンからは「打った瞬間にもう球審がボールを渡すほどの化け物ホームラン」「審判も確信して先にボール渡しちゃってるやん笑」「もう球審が打球の行方すらチラ見(笑)」「球審次のボール渡すの早すぎて笑った」などと珍行動に驚くコメントが寄せられた。

 大谷がゆっくりと歩きながら打球を見送る“確信歩き”がたびたび話題になるが、「打った瞬間の奥のバンザイの速さよw」などと背後で“確信バンザイ”をする観客席のファンも注目の的に。試合を米国で中継したApple TV+の実況ウェイン・ランダッゾ氏も、打球の着弾前に「ショウヘイ・オオタニがエンゼルスに点をもたらす!」と“確信実況”を繰り出していた。誰の目にも明らかな一打だったようだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」のデータ専門公式ツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」によると、大谷の一撃は「今季MLB最長、大谷のキャリア最長、2015年以降エンゼルスの選手として最長、2015年以降エンゼル・スタジアムで最長」と記録ずくめという。なお、エンゼルスは2-6で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集