[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウトも考える大谷翔平残留問題 口説き文句に米同調の声「そうだよ。彼を引き留めて」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発し、2戦連発となる150メートルの特大30号ソロを含む2打数1安打1打点、2四球だった。チームは2-6で敗れた中、試合前に公開された動画内で同僚のマイク・トラウト外野手は「お金の問題じゃない」などと大谷の去就に口を開いた。

エンゼルスの大谷翔平(右)とマイク・トラウト【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平(右)とマイク・トラウト【写真:ロイター】

大谷翔平の移籍に待った、トラウトが言及

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発し、2戦連発となる150メートルの特大30号ソロを含む2打数1安打1打点、2四球だった。チームは2-6で敗れた中、試合前に公開された動画内で同僚のマイク・トラウト外野手は「お金の問題じゃない」などと大谷の去就に口を開いた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 大谷は今季終了後にフリーエージェント(FA)になるため、エンゼルスにとっては放出と残留の選択に関する話題が尽きない。移籍問題が過熱する中、トラウトが言及した。米ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」は、この日の試合前にトラウトへのインタビュー動画を公開。「彼を残留させるための口説き文句は?」との問いにこう答えている。

「口説き文句か。僕たちは勝たないといけない。プレーオフに行かないと。彼をここに留めておくために一番大きな事はプレーオフに行くことだ。僕たちはここまで勝ち越しているし、調子がいい期間もあるし、素晴らしいグループを築き上げている。彼はそれを楽しんでいるんだ。興味深いことになるだろうね。彼を残留させるために僕ができることは何だってする。

 人々は莫大な数字(契約金額)を口にするけど、お金の問題じゃないと思う。僕たちが勝つことができれば……彼はグラウンド外でかなり稼いでいるからね(笑)。話題に上がる数字(金額)はクレイジーだけど、結局のところ彼は勝ちたくて楽しみたい、というところに尽きると思う。(プレーオフまで)突き進みたいんだ。それができれば、一番の口説き文句になると思う」

 一連の言葉に対し、米ファンからは「もしエンゼルスがプレーオフに進出して、少なくとも1シリーズで勝てればショウヘイは間違いなく残るよ」「マイクよ、彼を一緒に連れ戻してくれよ」「とにかく勝ってくれ。ショウヘイが大好きなんだよ!!」「そうだよ、マイク・トラウトよ、お願い。ショウヘイを引き留めて」と同調や残留を懇願する声が上がっている。

 大谷はこの日6月15本目の一撃を放ち、3年連続30号の大台到達で年間57本ペースとした。チームはなかなか首位レンジャーズに迫れないだけに、移籍の話題が注目されそうだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集