[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ごめんね、ショウヘイ」 大谷翔平衝撃150m弾に並ぶのか、もう一つの試合名場面を米記者強調

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発し、2戦連発となる150メートルの特大30号ソロを含む2打数1安打1打点、2四球だった。6月15本目で3年連続30号の大台に到達する年間57本ペース。チームは2-6で敗れたが、試合中には大谷の衝撃弾以外にも“ハイライト”が。MLB公式が動画を公開すると、米ファンからは「なんで昨日私がいたときには起きなかったの?」「嫉妬する」と驚きの声が上がった。

ダイヤモンドバックス戦、2戦連発となる30号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ダイヤモンドバックス戦、2戦連発となる30号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平出場のエンゼルス戦に珍客が乱入

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月30日(日本時間7月1日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発し、2戦連発となる150メートルの特大30号ソロを含む2打数1安打1打点、2四球だった。6月15本目で3年連続30号の大台に到達する年間57本ペース。チームは2-6で敗れたが、試合中には大谷の衝撃弾以外にも“ハイライト”が。MLB公式が動画を公開すると、米ファンからは「なんで昨日私がいたときには起きなかったの?」「嫉妬する」と驚きの声が上がった。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 実はもう一つのハイライトがあった。大谷が6回に自己最長となる飛距離493フィート(約150.2メートル)の超特大弾を放ったものの、2-6と敗戦濃厚で迎えた9回。ダイヤモンドバックスの攻撃中にエンゼルスタジアムが再び沸いた。どこからともなく現れたのは三毛猫。軽快な身のこなしで視線を集め、三塁側の客席最前列に飛び込んだ。2人組の観客女性は飛び上がって驚いていた。

 動画を公開したMLB公式ツイッターは、文面に「ラリーキャット、ラリーキャット、一体何を食べてるの?」と記して投稿。米ファンからは「なんで昨日私がいた時には起きなかったの?」「嫉妬する」「可愛い子猫ちゃん」「なんでそんなにビビってるの? ただの猫だよ」と驚きの声が上がった。

 米スポーツ専門局「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も「猫がグラウンドを走っている。素晴らしい。そしてスタンドへと駆け込んだ。ごめんね、ショウヘイ。今夜の新しいハイライトができた」と冗談交じりにツイート。大谷の衝撃弾に“並ぶ”まさかの名場面だと証言した。

 なお、座席で驚いていた女性はダイヤモンドバックスに所属するドミニク・フレッチャー外野手のパートナーのエミリーさん。エンゼルスで大谷と仲のいい兄・デビッド内野手の妻・キエラさんと一緒に観戦し、2人で笑っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集