[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、フルトンとの7月決戦ポスターが完成 海外ファン興奮「今年最大のファイト」「激アツ」

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)と7月25日に東京・有明アリーナで対戦する。決戦ムードが高まる中、プロモートする米興行大手・トップランク社は試合告知用のポスターを公開。迫力が伝わる仕上がりに米ファンから「今年最大のファイトだ」「激アツだ」といった反響が寄せられている。

井上尚弥【写真:高橋学】
井上尚弥【写真:高橋学】

7月25日にフルトンと対戦

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)と7月25日に東京・有明アリーナで対戦する。決戦ムードが高まる中、プロモートする米興行大手・トップランク社は試合告知用のポスターを公開。迫力が伝わる仕上がりに米ファンから「今年最大のファイトだ」「激アツだ」といった反響が寄せられている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 今にも動き出しそうな躍動感だ。赤い淵で彩られた試合告知のポスター。レトロな感じの文字体で2人の名前が書かれ、モノクロ写真のフルトンと井上はポーズを決めている。その中で、フルトンが腰と肩に巻いている2本のベルトだけがカラーになっており、王者を表現。フルトンの横には「COOL Boy STEPH」と書かれ、井上の横には日本語で「怪物」、さらにスタンプで押されたような「MONSTER」の文字も見え、決戦ムードを煽っている。

 米興行大手・トップランク社の公式ツイッターが「レガシーのために」と文言を添えて画像を公開すると、海外ファンからはさまざまな反響が寄せられた。

「俺はイノウエに賭ける」
「イノウエが比較的容易くKOで勝つだろう」
「どちらが勝とうが関係なく、ボクシングは復活する」
「イノウエは次の小さなマニー・パッキャオだ」
「フルトンが判定で勝つ……見ていろよ」
「今年最大のファイトだ」
「モンスターが圧勝する」
「クールボーイが井上をKOする」
「ボクシングは2023年熱狂的になるぞ」
「なんてこった、これはクレイジーになるぞ」
「今年のボクシングはアメージングだ」
「トップランクは今年激アツだ」

 井上も自身のインスタグラムで画像を公開。決戦ムードは日に日に高まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集