[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エ軍ネビン監督、微妙判定に猛抗議で退場 怒り爆発に米解説同情「全然ストライクじゃない」

米大リーグ・エンゼルスのフィル・ネビン監督は1日(日本時間2日)の敵地アストロズ戦で退場処分を受けた。チャンスで1番ウォードの三振判定に対して猛抗議したが、米解説も「全然ストライクに近くもない」と同情気味に伝えている。

審判に抗議するエンゼルスのフィル・ネビン監督【写真:ロイター】
審判に抗議するエンゼルスのフィル・ネビン監督【写真:ロイター】

アストロズ戦の6回に球審に猛抗議

 米大リーグ・エンゼルスのフィル・ネビン監督は1日(日本時間2日)の敵地アストロズ戦で退場処分を受けた。チャンスで1番ウォードの三振判定に対して猛抗議したが、米解説も「全然ストライクに近くもない」と同情気味に伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 怒りが収まらなかった。2-4と2点ビハインドで迎えた6回、1死満塁のチャンスで1番ウォードが3-2のフルカウントからの6球目を見逃したが、ストライクの判定で三振。これにネビン監督はベンチを飛び出し、球審に顔を近づけて怒りをぶちまけた。これでネビン監督は退場処分。それでも指揮官の怒りは収まらなかった。

 米ロサンゼルス放送局「バリースポーツ・ウェスト」の中継でもこの様子は流れたが、解説を務めたマーク・グビザ氏も「ワオ。全然ストライクに近くもない。惜しくもありませんでした」。アストロズ右腕ネリスが投じたシンカーは低めに外れているようにも見えていただけに、同情した様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集