[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚7号HRの着弾地点を「見よ」 米メディア注目、Rソックス球場の変則形状を「有効活用」

米大リーグのレッドソックス・吉田正尚外野手が31日(日本時間6月1日)、本拠地レッズ戦に「4番・DH」で先発出場し、2回に20試合ぶりとなる7号ソロを放った。米メディアに注目されたのは着弾地点。フェンウェイパーク特有の形状をした右翼ポール際に飛び込んだ。米メディアは「ユニークな領域を有効活用することにますます慣れてきている」と伝えた。

7号ソロを放ったレッドソックス・吉田正尚【写真:ロイター】
7号ソロを放ったレッドソックス・吉田正尚【写真:ロイター】

打球は極端に凹んだ右翼の通称「ぺスキー・ポール」付近に着弾

 米大リーグのレッドソックス・吉田正尚外野手が31日(日本時間6月1日)、本拠地レッズ戦に「4番・DH」で先発出場し、2回に20試合ぶりとなる7号ソロを放った。米メディアに注目されたのは着弾地点。フェンウェイパーク特有の形状をした右翼ポール際に飛び込んだ。米メディアは「ユニークな領域を有効活用することにますます慣れてきている」と伝えた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 フェンウェイパーク特有の形状で生まれたホームランだった。吉田は2回先頭の第1打席で3球目の内角カットボールをコンパクトにスイング。舞い上がった打球は右翼ポール、通称「ぺスキー・ポール」付近に着弾した。

 飛距離359フィート(約109.4メートル)、打球速度は97.8マイル(約157.4キロ)の7号ソロで注目されたのは着弾地点。米マサチューセッツ州地元局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」は「マサタカ・ヨシダがレッズ戦でぺスキー・ポール付近にホームランを引っ張るところを見よ」とのタイトルで特集した記事で「ヨシダはフェンウェイパークのユニークな領域を有効活用することにますます慣れてきている」と指摘した。

「彼は火曜日夜のレッズ戦の第1打席でもそれをやった。2回裏にソロ本塁打をぺスキー・ポール付近に巻き込んだ」

 レッドソックスの本拠地であるフェンウェイパークといえば、限られた敷地に建てたため、狭い左翼にある高いフェンスの「グリーンモンスター」に代表されるように、変則的な形状となっていることで有名。記事では「フェンウェイ・パークの短い右翼ライン際に助けられたように見える」としたものの、メジャー30球団の球場のうち27球場で本塁打になるものだったと伝えた。

「このヨシダの一撃は、このレッドソックスのルーキーにとって、打席での灼熱ぶりを継続するものだ。ここ14打席で、彼は11打数8安打、3四球だ」と速報した。吉田は4打数2安打1打点と活躍したが、チームはレッズに4-5で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集