[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、HR後にトラウトが囁いた言葉が話題 兜の耳元で5回以上連呼「滅茶苦茶急かされてる」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間6月1日)、敵地ホワイトソックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、衝撃の2打席連発を放った。第2打席で2試合連発となる14号中越え2ラン、第3打席でも右翼へ超特大の15号2ラン。1本目のホームラン後にはベンチで“兜セレブレーション”を受けたが、その最後にマイク・トラウト外野手から囁かれた言葉が話題に。地元放送局のレポーターが投稿した映像で注目が集まっている。

祝福の兜を被ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
祝福の兜を被ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

ベンチ内でトラウトが中心選手らしい計らい

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は31日(日本時間6月1日)、敵地ホワイトソックス戦に「3番・指名打者」で先発出場し、衝撃の2打席連発を放った。第2打席で2試合連発となる14号中越え2ラン、第3打席でも右翼へ超特大の15号2ラン。1本目のホームラン後にはベンチで“兜セレブレーション”を受けたが、その最後にマイク・トラウト外野手から囁かれた言葉が話題に。地元放送局のレポーターが投稿した映像で注目が集まっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 さすがエンゼルスの中心人物、トラウトらしい配慮というべきか。3回1死一塁で迎えた第2打席、大谷は中堅に飛び込む打球速度107マイル(約172.2キロ)、飛距離425フィート(約129.5メートル)の特大14号2ランで前日から2戦連発。ダイヤモンドを一周すると、いつものように兜を被せてもらい、ベンチを行進してハイタッチを交わした。すると、一塁走者として一緒に生還したトラウトが後ろから大谷の耳元で囁いた。

「ブルペン、ブルペン、ブルペン、ブルペン……!」

 すると、大谷はベンチの端まで来ると、右翼席付近にあるエンゼルスのブルペンに向かって、刀を斬るポーズ。救援陣と心をひとつにしたセレブレーションで喜びを分かち合った。ホームラン直後は選手も興奮しており、大谷は最近、同僚投手と“写真撮影”のパフォーマンスをすることもあってか、トラウトは大谷がブルペンへの“刀ポーズ”をうっかり忘れてしまわぬように配慮したようだ。5回以上は連呼したように聞こえる。

 その様子をエンゼルスの試合を放送する米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーター、エリカ・ウェストンさんがベンチ横から撮影し、自身のツイッターで投稿すると、日本のファンの間で話題になった。

「大谷さんトラウトにめちゃくちゃブルペン急かされてる」「トラニキ『ブルペン×4!!!!』」「トラ兄めっちゃブルペンにもって言ってくれてる」「そんなブルペンブルペン言わんでもw」「さすがアニキ!!」「チームでも大谷くんは忘れがちと有名なのだろうかww」「オオタニサンいつもブルペンへの返し忘れるからみんなから『bullpen!』連呼されてんの草」などの声が上がり、注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集