[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、規格外パワーの逆方向12号に米記者驚愕「10日間で4発だ」 ベンチで新ポーズも披露

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場し、3回の第2打席で4試合ぶりの12号ソロを放った。逆方向に規格外のパワーを見せつけた一発に、米記者も「逆方向へ叩きつけ本塁打に」「10日間で4本だ」と驚いた。

レッドソックス戦、3回に今季12号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッドソックス戦、3回に今季12号を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地レッドソックス戦に「3番・DH」で出場

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レッドソックス戦に「3番・DH」で先発出場し、3回の第2打席で4試合ぶりの12号ソロを放った。逆方向に規格外のパワーを見せつけた一発に、米記者も「逆方向へ叩きつけ本塁打に」「10日間で4本だ」と驚いた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 吉田正尚がベンチから見つめる前で、逆方向にかっ飛ばした。4-0とリードした3回1死、大谷はカウント0-1から左腕パクストンの高めカットボールをとらえた。逆方向に飛んでいった打球はぐんぐん伸びてフェンスオーバー。規格外のパワーを発揮した4試合ぶり12号で本拠地の声援を浴びた。ベンチに戻って兜を被った大谷は最後チームメートにそれを被せ、記念撮影するジャスチャーを披露。新たなセレブレーションで喜びを分かち合った。

 打球速度は105.7マイル(約170.1キロ)、飛距離398フィート(約121.3メートル)にツイッター上の米記者も驚いた。MLB公式サイトのブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニがボールを逆方向へ叩きつけ本塁打にした」と速報し、AP通信のグレッグ・ビーチャム記者も「ショウヘイ・オオタニがチームで最多となる12号をディズニーロックのあるレフトへの逆方向弾とした。10日間で4本だ」と絶好調ぶりに舌を巻いた。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務めるマーク・グビザ氏も「ユニコーンが本塁打! オオタニさんが12号! 彼はスペクタクルだ!」とツイートし、興奮ぶりを伝えた。3連勝中のチームにさらに勢いをもたらすアーチとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集