[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス戦でまさかの誤審から混乱 球審も打者も勘違い「捕手でさえそうだと思っていた」

21日(日本時間22日)に行われた米大リーグ、エンゼルス―ツインズ戦で、誤審から混乱が生じた場面があった。7回、球審がカウント間違いを犯したことで生まれたシーンをミネソタ州地元紙「スター・トリビューン」が伝えている。

ツインズのドノバン・ソラーノ【写真:Getty Images】
ツインズのドノバン・ソラーノ【写真:Getty Images】

エンゼルス戦で思わぬシーン

 21日(日本時間22日)に行われた米大リーグ、エンゼルス―ツインズ戦で、誤審から混乱が生じた場面があった。7回、球審がカウント間違いを犯したことで生まれたシーンをミネソタ州地元紙「スター・トリビューン」が伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 1-1の同点で迎えた7回、ツインズは1死一、二塁のチャンスを作り、打席にソラーノを迎えた。カウント2-2の場面。エンゼルス投手のモロンタの投球がボールとなりフルカウント……かと思われたが、なぜかソラーノは一塁へ。球審も呼び止めず、満塁になったかと思われたが、一呼吸おいてソラーノは打席に呼び戻された。ツインズのバルデリ監督もベンチから球審に歩み寄るなど、グラウンドに混乱が生じた。

「スター・トリビューン」は「ツインズのドノバン・ソラーノは悪いカウントを基に四球になったと思った」との見出しでこのシーンについて伝えた。打席のソラーノはカウントが2-2となった時、確信が持てなかったためジェレミー・リグス球審に「(カウント)3-2だよね?」と確認したそうで、「そしたら彼は『イエス』と答えた」とコメントしている。

 記事では「あらら。モロンタの次の球は地面に当たり、ソラーノはバットを置いて一塁へゆっくり向かった」「エンゼルスのフィル・ネビン監督は、リグスに対してボールフォーじゃなくて単にボールスリーだと熱心に指摘していた」と混乱の状況を説明。結局ネビン監督の主張が正しいと判断され、カウント3-2でプレー再開となったという。

 ソラーノは「捕手(チャド・ウォラック)でさえ、彼が『ああ、3-2だ』と言うのを聞いていた。彼もそうだと思っていたんだ。僕たちは2人とも3-2としてプレーしていたんだ」と当時の状況を回顧。さらにバルデリ監督が「ボールデッドになっていなかったのなら、誰もタイムを宣告していなかったのなら、なぜ(一、二塁の走者である)ファーマーとカストロは戻らないといけないのか?」との主旨の主張をしたとも伝えられている。

 バルデリ監督は「もし私たちの選手が審判が四球を宣告したと思って進塁を試み、(エンゼルスが)ボールを内野手に投げてタッチしたら、アウトと判定するだろう。だから、もし次の塁に辿り着いたのなら、そこを確保できるべきだ。正しく執行されているか確認したかった」と抗議の内容を語っている。結局、モロンタの次の投球はボールで満塁となったが、ツインズはこの回得点を奪えず。試合は4-2でエンゼルスが勝利した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集