[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、困惑するも冷静だった“誤審後の仕草”に米反響「ショウヘイは礼儀正しい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。今季10勝目はならなかったものの、7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せた。中継画面に表示されたストライクゾーン枠内への投球がボールと判定され、バッテリーで戸惑うシーンも。実際の映像を米国の投球分析家が公開すると「正確性はどこに?」などと米ファンからも困惑の声が上がっている。

7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せた大谷翔平【写真:AP】
7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せた大谷翔平【写真:AP】

マリナーズ戦では判定に戸惑う場面も

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手」で先発出場。今季10勝目はならなかったものの、7回5安打1失点、10奪三振の力投を見せた。中継画面に表示されたストライクゾーン枠内への投球がボールと判定され、バッテリーで戸惑うシーンも。実際の映像を米国の投球分析家が公開すると「正確性はどこに?」などと米ファンからも困惑の声が上がっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 高いと判断したのか、コースから外れているように見えたのか。マウンド上の大谷が少し驚いたのは、相手の左打者フレーリーに外角高め97マイル(約156キロ)を投げ込んだ時だ。画面に表示されたストライクゾーン枠内への投球だったが、球審はボールと判定。捕球した捕手スズキは戸惑った様子で振り返り、大谷も少し右手を前に出して反応していた。

 ただ大谷は何かを確認し、落ち着いた様子で頷いて次の投球へと移っていった。実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が公開。文面で「ショウヘイは礼儀正しい」とマウンド上の様子を伝えた。

 米ファンからは「左ひじのジェスチャーが何かを物語っている」「正確性はどこに?」「キャッチャーがもっと助けないと」「ボールと宣告されたストライク」などとコメントが寄せられていた。

 また米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターも反応。打者・大谷が外角に外れる明らかなボール球でもストライク判定を受けた映像を公開するとともに「おそらくショウヘイ・オオタニはロボット審判なら投打の両面で助けられるだろう」と文面に記していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集