[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上100m世界王者カーリーが9秒91で圧勝! 衝撃の予選9秒88に続き日本で世界規格の9秒台2発

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が21日、神奈川・日産スタジアムで行われ、男子100メートル決勝で自己ベスト9秒76の昨年オレゴン世界陸上男子100メートル王者フレッド・カーリー(米国)が9秒91(追い風0.4メートル)で優勝。予選で9秒88(追い風1.5メートル)の衝撃大会新を記録していたが、現役世界王者が2本を9秒台でまとめる世界規格の走りを見せつけた。

男子100メートル決勝、9秒91でゴールしたフレッド・カーリー【写真:奥井隆史】
男子100メートル決勝、9秒91でゴールしたフレッド・カーリー【写真:奥井隆史】

陸上のセイコーゴールデングランプリ

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が21日、神奈川・日産スタジアムで行われ、男子100メートル決勝で自己ベスト9秒76の昨年オレゴン世界陸上男子100メートル王者フレッド・カーリー(米国)が9秒91(追い風0.4メートル)で優勝。予選で9秒88(追い風1.5メートル)の衝撃大会新を記録していたが、現役世界王者が2本を9秒台でまとめる世界規格の走りを見せつけた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 レースは他2選手に注意が与えられ、3度目の号砲でスタート。4レーンから飛び出したカーリーは中盤以降も力強く加速し、2着のロアン・ブライニング(10秒10)、3着の坂井隆一郎(10秒10)らを突き放した。

 予選では9秒88の大会新記録をマークし、日産スタジアムをどよめかせていたカーリー。風も弱まり、タイム更新はならなかったものの、前日会見では「明日は良いレース、速いレースを期待してください。いかにプランを実行するか。予定通りにできれば速いタイムが出ると思う」と豪語していた言葉通りの強さを発揮し、日本のファンの前で強いインパクトを残した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集