[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外競馬G1で2着馬が1着馬に噛みつく珍事 騎手の咄嗟の対応に称賛「トントンって鼻の頭を…」

競馬の英G1ロッキンジステークス(芝1600メートル、ニューベリー競馬場)で驚きのハプニングが起きた。直線で2着馬が勝ち馬に噛みつこうとすると、勝ち馬の鞍上が鞭で優しく制した。決定的瞬間をとらえた海外メディアの映像には驚きの声が寄せられた。

ロッキンジステークスで驚きのハプニング、騎手の咄嗟の対応に称賛【写真:Getty Images】
ロッキンジステークスで驚きのハプニング、騎手の咄嗟の対応に称賛【写真:Getty Images】

ロッキンジステークスでレース中にハプニング

 競馬の英G1ロッキンジステークス(芝1600メートル、ニューベリー競馬場)で驚きのハプニングが起きた。直線で2着馬が勝ち馬に噛みつこうとすると、勝ち馬の鞍上が鞭で優しく制した。決定的瞬間をとらえた海外メディアの映像には驚きの声が寄せられた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 驚きの場面はゴール前ラスト100メートルだった。直線レースの馬場の中央から抜け出したチンディット。しかし、中団から猛然と追い込んだモダンゲームズが外から差して抜け出そうとした瞬間だ。チンディットは明らかに馬体を寄せに行くと、首を外に向け、ガブリと噛みつこうとしたのだ。大事には至らず、事なきを得たものの、そのまま力強くモダンゲームズが1着で優勝。チンディットは2着に敗れた。

 英競馬専門放送局「レーシングTV」公式ツイッターが「よろしくない負け方だ」と題して公開したスローVTRを見ると、鞍上ビュイック騎手が噛みつきにきた馬を咄嗟でムチを持った左手で優しく押さえて制しているように見える。海外ファンからも「アンラッキー」「子どもも見ているのに。みじめなチンディット」「チンディットは出走停止にしたほうがいい」「ウィリアムの手を噛んでる!」「競馬界のルイス・スアレスだ」などの声が寄せられた。

 また、日本でも話題になり、「すごいキレイに噛みにいってる! 意志の強い馬だ」「英国版シンコウウインディ」という驚きの声のほか、「さすがビュイック。余裕度が凄いというか、いかにもプロフェッショナルという感じだ」「噛みつきに来たのをトントンって鼻の頭押さえるだけなの優しい 反射的に鞭で殴っちゃってもおかしくない距離だったのに」「ビュイック巧みだ」と日本でもお馴染みの名手への対応に称賛の声も聞かれた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集