[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「井上尚弥杯」で帝拳ジム新星・増田陸が初戦突破 V賞金は1000万円「次も勝って日本王者に」

ボクシングの「井上尚弥4団体統一記念杯」バンタム級モンスタートーナメントが20日、東京・墨田区総合体育館で開幕した。1回戦3試合が行われ、デビュー2戦連続初回KO勝ちしていた25歳・増田陸(帝拳)が、日本同級2位の24歳・富施郁哉(ワタナベ)に7回3分00秒TKO勝ちした。戦績は増田が3勝(3KO)、24歳の富施が12勝(2KO)3敗。

富施郁哉に7回TKO勝ちした増田陸(右)【写真:浜田洋平】
富施郁哉に7回TKO勝ちした増田陸(右)【写真:浜田洋平】

「井上尚弥4団体統一記念杯」バンタム級モンスタートーナメント初戦

 ボクシングの「井上尚弥4団体統一記念杯」バンタム級モンスタートーナメントが20日、東京・墨田区総合体育館で開幕した。1回戦3試合が行われ、デビュー2戦連続初回KO勝ちしていた25歳・増田陸(帝拳)が、日本同級2位の24歳・富施郁哉(ワタナベ)に7回3分00秒TKO勝ちした。戦績は増田が3勝(3KO)、24歳の富施が12勝(2KO)3敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 増田の左が火を噴いた。初回はジャブを中心に組み立てると、2分過ぎに左の打ち下ろしが炸裂。相手に膝をつかせ、先制ダウンを奪った。2回以降も相手をぐらつかせる場面も。膠着状態が続いたが、7回に再び左ストレートが炸裂。会場もどよめく一撃で2つ目のダウンを奪うと、終了間際に畳みかけ、レフェリーストップを呼び込んだ。

 リングでは「思った以上に強かったです。凄くやりにくくて気持ちのある選手でした。キャリアのある選手で8ラウンドの戦い方を知っていて、凄くゲームを組み立てて戦う選手だと思いました」と汗を拭った。会場の歓声に応える勝利。スポットライトを浴びながらリングを降りた。

 アマチュア戦績51勝14敗。昨年7月にプロデビューし、1階級下のスーパーフライ級でタイ選手に初回KO勝ちした。昨年12月の2戦目は、直前に対戦相手が変更。急きょバンタム級で対戦したが、韓国選手に初回KO勝ちしてみせた。帝拳ジムでは山中慎介氏らを育てた大和心トレーナーに師事。この日がA級初戦となり、2017年全日本同級新人王で日本ランク2位の富施と拳を交えた。

 これで日本ランク入りは確実。デビュー4戦目となる8月30日の準決勝では、シードの日本同級王者・堤聖也(角海老宝石)に挑戦する。増田は「絶対に勝って日本チャンピオンになりたい。もっともっと強くなって日本タイトルに挑戦するので、楽しみにしていてください」と力を込めた。

 他の1回戦では、日本11位・穴口一輝(真正)が内構拳斗(横浜光)に3-0の判定勝ち。日本12位・梅津奨莉(三谷大和スポーツ)が石川春樹(RK蒲田)に3-0の判定勝ちした。穴口と梅津が準決勝で対戦する。

 同トーナメントは、井上尚弥(大橋)が昨年12月にバンタム級の世界4団体統一を記念して創設され、今回が初開催。決勝のファイトマネーは日本、東洋太平洋、WBOアジアパシフィックの王者が500万円、世界ランカーは400万円、日本、東洋ランカーは300万円、ノーランカーは200万円。さらにファイトマネーとは別に破格の優勝賞金1000万円が用意される。日本王者が優勝すれば、賞金とファイトマネーを合わせて1500万円を獲得。決勝は12月26日に東京・後楽園ホールで行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集