[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甲子園で「打球を処理する時にビックリ」 大谷同僚のモニアック、17歳で受けた日本野球の衝撃

米大リーグで大谷翔平投手が所属するエンゼルスで、25歳のミッキー・モニアック外野手が躍動している。今季初出場となった13日(日本時間14日)のガーディアンズ戦で先頭打者アーチを含む3安打をマーク。3試合目となった16日(同17日)のオリオールズ戦も今季2号となる先頭打者弾を放った。かつてMLBドラフト全体1位で指名された逸材は、実は日本とも接点がある。2015年に日本で行われたU-18ワールドカップ(W杯)に出場。17歳当時の思い出は今も脳裏に刻まれているという。

今季2号となる先頭打者弾を放ったエンゼルスのミッキー・モニアック【写真:ロイター】
今季2号となる先頭打者弾を放ったエンゼルスのミッキー・モニアック【写真:ロイター】

1番打者として躍動するモニアック、2015年U-18W杯での来日を回顧

 米大リーグで大谷翔平投手が所属するエンゼルスで、25歳のミッキー・モニアック外野手が躍動している。今季初出場となった13日(日本時間14日)のガーディアンズ戦で先頭打者アーチを含む3安打をマーク。3試合目となった16日(同17日)のオリオールズ戦も今季2号となる先頭打者弾を放った。かつてMLBドラフト全体1位で指名された逸材は、実は日本とも接点がある。2015年に日本で行われたU-18ワールドカップ(W杯)に出場。17歳当時の思い出は今も脳裏に刻まれているという。

【特集】歴史に名を刻んだ思い出の世界体操 元女子エースが語る新技誕生物語 / 体操・杉原愛子さんインタビュー(GROWINGへ)

「決勝をよく覚えているよ」とモニアックが語った一戦は、2015年9月6日、雨の甲子園で行われた死闘だった。米国代表として出場した日本代表との決勝。当時、スーパー1年生と騒がれた清宮幸太郎(早実、現日本ハム)、オコエ瑠偉(関東第一、現巨人)らを擁した日本と2-1の接戦を制し、大会3連覇を果たした。「2番・中堅」で出場したモニアックは4打数無安打も、日本の先発・佐藤世那(仙台育英、元オリックス)のエラーを誘うピッチャーゴロで先制点をもたらした。

 金髪を短く刈り上げた好青年は、この日のオリオールズ戦の試合前のロッカールームで快く取材に応じてくれた。決勝は「信じられないような経験だった」と回顧。「我々も応援を受けたけど、日本が良いプレーをした時には2倍近くの声援が上がっていたよ。初回に安打を打たれた打球を処理する時、歓声が大きすぎてビックリしちゃったんだ」と衝撃を明かした。「1万5000から2万人が見に来ていたと思うけど、雨が降らなければもっといただろうね」と日本の野球熱を実感した。

 モニアックは大会の翌年、高卒ながらドラフト全体1位でフィリーズから指名されて入団。2020年にメジャーデビューし、昨年エンゼルスにトレードで移籍した。今季は3試合に出場して早くも2本塁打を放ち、ブレイクを予感させている。8年前に日本で見た光景は今でも強い印象を残しているようで、モニアックは「日本のファンは試合通じてずっと声援を送るよね。両チームに声援を送るのは米国とは少し違うところだ」と米国では珍しい雰囲気を懐かしそうに振り返った。

 大阪と兵庫で行われた大会中には観光もしたという。「大阪も楽しんだよ。美しい街だと思った。地下鉄に乗って少し街を見て回ったんだ。素晴らしい体験だったね」と顔をほころばせた。将来に期待がかかる逸材モニアック。「WBCか何かでまたいつか日本でプレーしてみたいね」と再来日の想いも胸に、エンゼルス打線を引っ張っていく。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集