[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エ軍レンドン、負傷者リスト入りに不満露わ「怒りが湧く」 監督は「10日以上かかることも…」

米大リーグ・エンゼルスは15日(日本時間16日)、アンソニー・レンドン内野手が左脚付け根の負傷で10日間の負傷者リスト入りしたと発表した。レンドンは同日の敵地オリオールズ戦前にロッカールームで心境を吐露。「とても不満が溜まる。怒りが湧くし、幸せではないね」と自らへの苛立ちを明かした。

アンソニー・レンドン【写真:ロイター】
アンソニー・レンドン【写真:ロイター】

レンドンが10日間の負傷者リスト入り

 米大リーグ・エンゼルスは15日(日本時間16日)、アンソニー・レンドン内野手が左脚付け根の負傷で10日間の負傷者リスト入りしたと発表した。レンドンは同日の敵地オリオールズ戦前にロッカールームで心境を吐露。「とても不満が溜まる。怒りが湧くし、幸せではないね」と自らへの苛立ちを明かした。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 13日(同14日)の敵地ガーディアンズ戦で途中交代していたレンドン。この日、報道陣の取材に応じ、最初に違和感を覚えたのは4月末のブルワーズ戦だったことを明かした。「その後、痛みはなくなったけど、この前の試合(ガーディアンズ戦)でまた出てきたんだ」と説明。離脱期間は「分からない」という。時折笑みを見せるなど、気丈に振舞うも「とても不満が溜まる。怒りが湧くし、幸せではないね」と本音をこぼしていた。

 2019年オフにエンゼルスと7年総額2億4500万ドル(当時約266億円)で契約。注目を集めるも故障が重なり、昨季は47試合の出場で打率.229、5本塁打に留まった。今季は大谷翔平投手の後を打つ4番として打率.301、勝負強い打撃で復活の兆しを見せていたが、ここにきて離脱に。フィル・ネビン監督は試合前の会見で「復帰までの期限はない。10日以上はかからないはずだけど、時にそれ以上かかることもある。治療に専念して復帰に備えてもらう」と語った。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集