[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女王・山下美夢有は涙の惜敗 ”直ドラ”の岩井姉妹とプレーオフ「100y以内を練習しないと」

女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(Honda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜がこれを制して優勝した。惜しくも敗れた山下は、試合後の取材で「私は100ヤード以内を重点的に練習しないといけない」と涙を拭った。

RKB×三井松島レディス、通算11アンダーもプレーオフで敗れた山下美夢有【写真:Getty Images】
RKB×三井松島レディス、通算11アンダーもプレーオフで敗れた山下美夢有【写真:Getty Images】

RKB×三井松島レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(Honda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜がこれを制して優勝した。惜しくも敗れた山下は、試合後の取材で「私は100ヤード以内を重点的に練習しないといけない」と涙を拭った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 3打差5位で出た山下は前半3番から3連続バーディーを奪うなど、前半だけで4つ伸ばしてサンデーバックナインに突入。暫定首位でホールアウトした千怜と1打差で迎えた最終18番パー5で、難しい距離のバーディーパットを沈めて並んだ。その後、明愛も11アンダーとしてホールアウト。3人によるプレーオフが決まった。

 史上初の双子姉妹が出場するPO。決着は2ホール目、約3メートルのバーディーパットで、山下は絶妙に転がすもカップに嫌われてパーに。バーティーを奪った千怜が決めたことで優勝。姉妹と山下はグリーン上でハグ。健闘を称え合った。試合後の取材で、山下は「めっちゃ完璧だったので、しょうがないかなという感じです」と最後のバーディーパットを振り返った。

 岩井姉妹とはジュニア時代から試合で顔を合わせた関係。「(PO2ホール目は)2人とも(第2打で)グリーン近くまで来たので、確実にバーディーを取ると思っていた。しっかりとらないとと思っていた。実力もあるし、いいプレーオフができた。私自身もショットがすごく良かったので、内容的には悪くなく、来週しっかり切り替えていければ」と気丈に話した。

「ショットが自分のスイング的な感じが戻ってきた。入射角も良くなっていた。いい感じだと思う」と復調の手ごたえを口にしたが、POで岩井姉妹が第2打に“直ドラ”を選択したことを問われると「私に比べて飛距離も出るので…私は100ヤード以内を重点的に練習しないといけないと思いました」と涙をぬぐった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集