[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も被る兜は「スポーツマンシップの要素さえある」 エ軍で今季見られる光景をMLB評価

米大リーグ・エンゼルスでは今季からホームラン後の選手を称えるセレブレーションに日本の「兜」を採用。大谷翔平選手も被って話題になった。MLB公式サイトでは「サムライ戦士」「良きスポーツマンシップの要素さえある」とこのパフォーマンスを評価している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

今季のHRセレブレーションをMLB公式が順位付け

 米大リーグ・エンゼルスでは今季からホームラン後の選手を称えるセレブレーションに日本の「兜」を採用。大谷翔平選手も被って話題になった。MLB公式サイトでは「サムライ戦士」「良きスポーツマンシップの要素さえある」とこのパフォーマンスを評価している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 MLBが各球団のホームランセレブレーションをランク付けした記事で、エンゼルスは2位と高評価された。4月7日の本拠地ブルージェイズ戦から、鹿児島の甲冑工房丸武産業が製造した33万円の兜が用意され、トラウトが最初のパフォーマンスを行った。

 記事では「サムライ戦士」と名付けられ、「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は様々な形で人々の心を釘付けにし、それはこの先何年も世界中の野球界に広がり続けるほどだ(言い方を変えよう:2026年、みんながあの中でプレーしたいと思うだろう)。しかし、日本代表のスリリングな優勝への歩みはこのリーグでもほぼ毎日のように印を残し続けている」と表現した。

 WBCで日本代表が残した強烈なインパクトを、エンゼルスの「兜」にも感じている様子の記事では「エンゼルスが準備したサムライ戦士のヘルメットは、ショウヘイ・オオタニとその仲間たちがWBCでやったあらゆることの論理的な延長だ」と絶賛している。

 さらに「それには良きスポーツマンシップの要素さえある」とし、「なんと言っても、ご存じのようにオオタニがWBCの最後に三振を奪った男であるマイク・トラウトは、オオタニと同じぐらいそれが似合っている」と記した。WBCでは敵同士だった大谷とトラウトが、同じ兜を被っている点にも注目していた。なお、1位にはマリナーズの「三本槍」パフォーマンスが選ばれている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集