[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら「前まで好きだったけど…最近はキライ(笑)」 最大13.9mの強風めげず2位急浮上

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯は5日、茨城GC西C(6780ヤード、パー72)で2日目が行われた。首位と6打差の42位から出た小祝さくら(ニトリ)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算イーブンパーとして2位に急浮上した。首位の吉田優利(エプソン)とは4打差。最大瞬間風速13.9mの強風が吹き荒れ「前まで好きだったんですけど…最近はキライです(笑)」と風について苦笑いで語った。

ワールドレディスサロンパス杯、2位タイにつけた小祝さくら【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯、2位タイにつけた小祝さくら【写真:Getty Images】

ワールドレディスサロンパス杯2日目

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯は5日、茨城GC西C(6780ヤード、パー72)で2日目が行われた。首位と6打差の42位から出た小祝さくら(ニトリ)が5バーディー、1ボギーの68で回り、通算イーブンパーとして2位に急浮上した。首位の吉田優利(エプソン)とは4打差。最大瞬間風速13.9mの強風が吹き荒れ「前まで好きだったんですけど…最近はキライです(笑)」と風について苦笑いで語った。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 強風に苦戦する選手が続出した2日目。小祝は一気に順位を上げた。2番パー4でピン奥のバンカーに入れたが、見事チップインでこの日最初のバーディーを記録。5番、6番、8番とバーディーを重ねて前半で4つスコアを伸ばし、後半11番で初のボギーを叩くも12番パー5でバウンスバック。2メートルのパットをきっちり沈めた。

「アンダーでプレー出来たらいいと思ってやっていた」との目標を達成。メジャーらしい難度の高いセッティングには「前まで好きだったんですけど、最近好きじゃないです……。でも今日みたいなゴルフができたのは自信になる」と話した。

 この日の最大瞬間風速は13.9mを記録。上手く攻略した形だが「(風も)前まで好きだったんですけど…最近はキライです(笑)」と繰り返して苦笑い。「大変な一日だったけれど、4アンダーでプレーできてうれしい。頭を使って訳が分からなくなったし、難しいセッティングで笑いが出るくらいのゴルフだったけれど、やりがいはあった」とも話した。

 直近5戦中3戦で予選落ちしており、「こういう上手くいかないときも何年かやっていればあるのかな」と不振に自信を無くしていたという。ただ「ダメな時こそ、直した方がいいところを気がつける。いいチャンスだとポジティブにとらえるようにしている」と前向きに現状打破を模索。この好結果を、浮上のきっかけにしたい。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集