[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田正尚の独特ズボン穿きを発見した記者に大反響 米ファンも「気づいたのは俺だけかと…」

米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は3日(日本時間4日)の本拠地ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点の活躍で8-3の勝利に貢献。打率も.303と急上昇し、ついに3割を超えた。好調の打撃とともに注目を集めているのが吉田の“着こなし”。米記者が称賛したスタイルに、米ファンからも「面白すぎ」「気づいたの自分だけかと思っていた」といった声が上がっている。

レッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】
レッドソックスの吉田正尚【写真:ロイター】

ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で出場

 米大リーグ・レッドソックスの吉田正尚外野手は3日(日本時間4日)の本拠地ブルージェイズ戦に「2番・左翼」で出場し、5打数2安打2打点の活躍で8-3の勝利に貢献。打率も.303と急上昇し、ついに3割を超えた。好調の打撃とともに注目を集めているのが吉田の“着こなし”。米記者が称賛したスタイルに、米ファンからも「面白すぎ」「気づいたの自分だけかと思っていた」といった声が上がっている。

 6回の第4打席、7回の第5打席で連続適時打を放って絶好調ぶりを示した吉田。5月に入ってから3試合目の複数安打で、今季メジャートップの13試合連続安打をマークするなど、勢いはとどまるところを知らない。

 こんな吉田に対し、米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」などで活動するジャレッド・カラビス記者は、自身のツイッターで「吉田が連続安打記録を伸ばすたびに、彼のズボンは乳首に近づいている。マサみたいなイケてるスタイルは球界にいない」とユニークな視点で注目していた。

 この投稿は米ファンから賛同の反響が寄せられている。

「これぞ俺が望んでいた分析コンテンツだ」
「面白すぎ」
「今日まさにこの話していたよ」
「気づいたの自分だけかと思ってた」
「マサは本当にキチンとしているよな」
「イチローもズボン高めに履いていなかったっけ?」

 さらに、日本人からも「正尚様のハイウエスト バレちゃったな~」「やっぱり気になるよね。吉田のベルト位置見ると井端思い出すなー」との声も上がり、NPB時代からお馴染みだった装いが発見されたことに関心が寄せられた。

 ズボンのベルトの位置を高く上げる“ハイウエスト”のスタイルをとっている吉田。米ファンにとっては新たな注目となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集