[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、黒星の展開から「逆なおエ」に日本人感動 9回逆転3連勝に「エンゼルスとは思えない勝ち方!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)の敵地カージナルス戦に「3番投手兼DH」で出場し、5回で自己最多タイ13奪三振ながらも4失点を喫して降板したものの、チームは9回に劇的逆転で6-4の勝利。3連勝を飾った。日本人からは「逆なおエ」の展開に感動の声が上がっている。

カージナルス戦で投球するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
カージナルス戦で投球するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷4失点乱調も中継ぎ0封&9回に逆転劇

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)の敵地カージナルス戦に「3番投手兼DH」で出場し、5回で自己最多タイ13奪三振ながらも4失点を喫して降板したものの、チームは9回に劇的逆転で6-4の勝利。3連勝を飾った。日本人からは「逆なおエ」の展開に感動の声が上がっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷の乱調をチームで救い、勝利をもぎ取った。自己最多13三振を奪いながら2被弾するなど、5回4失点で降板した大谷。チームは3-4とビハインドの状態だったため、今季初黒星の可能性もあったが、後を受けたシルセスが2イニング、テペラが1イニングを無失点リレー。流れを呼び込むと、9回に9番ラムが同点弾、さらに2番トラウトが勝ち越し弾を放った。続く大谷もこの日3本目のヒットからレンドンのタイムリーで、6-4とひっくり返した。

 最後はエステベスが無失点で締めて3連勝を飾ったエンゼルス。これまで大谷が活躍しても、中継ぎ陣が打たれるなどしてチームの結果に結びつかないことが多く、「なお、エンゼルスは……」の略語である「なおエ」がネット上で流行していた。

 しかし、この日は大谷の4失点を中継ぎ陣と野手陣でカバー。日本人からは「逆なおエ」の声がツイッター上で続々と上がり、「いつものとは逆の意味の『なおエ』」「大谷さんの負けが消えた!」「逆なおエ炸裂」「エンゼルスとは思えない勝ち方!」と感動が広がっていた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集