[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、超高弾道7号に被弾投手が即諦め 「見たよ(笑)打った瞬間に行ったとわかった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間5月1日)、敵地ブルワーズ戦に「3番・DH」で先発し、7号ソロを含む3打数1安打1打点で3-0の勝利に貢献した。4試合ぶりのアーチは滞空時間6.98秒の超高弾道。MLB公式が動画を公開した中、被弾した投手は「見たよ(笑)。打った瞬間に行ったとわかったよ」と“確信被弾”を嘆いた。

ブルワーズ戦に出場したエンゼルスの大谷翔平投手【写真:ロイター】
ブルワーズ戦に出場したエンゼルスの大谷翔平投手【写真:ロイター】

大谷翔平が7号ソロ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間5月1日)、敵地ブルワーズ戦に「3番・DH」で先発し、7号ソロを含む3打数1安打1打点で3-0の勝利に貢献した。4試合ぶりのアーチは滞空時間6.98秒の超高弾道。MLB公式が動画を公開した中、被弾した投手は「見たよ(笑)。打った瞬間に行ったとわかったよ」と“確信被弾”を嘆いた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 相手投手は打球と違う方を向いた。1-0の3回2死走者なし。大谷は元ソフトバンクのコリン・レイ投手のカットボールを振り抜いた。レイは諦めるかのように視線を一塁方向へ。ゆっくりとマウンドから歩きだし、打球の行方を見つめた。

 MLB公式ツイッターなどが本塁打動画を公開。ウィスコンシン州地元放送局「バリー・スポーツ・ウィスコンシン」の公式ツイッターは、試合後の2被弾したレイのインタビュー動画を公開した。右腕は、「ああ、仕方ないね。オオタニへの1球は、彼はとてもアグレッシブな打者だから、ベストな球種の選択ではなかったと思う。もう少し違った攻め方ができたかもしれない。彼はうまくバレルに乗せた」と語った。

 天井に当たりそうな打球については「見たよ(笑)。打った瞬間に行ったとわかったよ」と打たれた瞬間に諦めたという。大谷は打った瞬間にゆっくり歩く“確信弾”などが時折脚光を浴びるが、今回は相手投手も同様だったようだ。マイク・トラウトや大谷と対戦する時の心構えについて、レイは「ただアグレッシブに。自分の球に自信を持って、ストライクゾーンを積極的に攻めていく」と振り返った。

 エンゼルスはこの日で17連戦を終了。大谷はこの間全試合にフル出場した。開幕から1か月で28試合、打率.294、7本塁打、18打点。6度先発した投手では4勝0敗、防御率1.85、7失点(自責7)だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集