[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • かつては悪童 最強フェデラーを生んだ“発想の転換”「ミスから学び向上する」

かつては悪童 最強フェデラーを生んだ“発想の転換”「ミスから学び向上する」

男子テニスのマイアミオープンで11年ぶり3度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)。永遠のライバル、ラファエル・ナダル(スペイン)をストレートで下し、全豪オープンに続き、今季の「マスターズ1000」で2勝目を挙げたレジェンドは全盛期に迫る強さを誇っている。芸術的なショットと紳士的な振る舞いで、選手とファンから尊敬を集めるフェデラーだが、かつて決別した恥ずべき過去を告白している。アメリカの自己啓発プログラム「ゴールキャスト」が紹介している。

フェデラー告白、決別した恥ずべき過去「数千人の前で自分を辱めていた」

 男子テニスのマイアミオープンで11年ぶり3度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)。永遠のライバル、ラファエル・ナダル(スペイン)をストレートで下し、全豪オープンに続き、今季の「マスターズ1000」で2勝目を挙げたレジェンドは全盛期に迫る強さを誇っている。

 芸術的なショットと紳士的な振る舞いで、選手とファンから尊敬を集めるフェデラーだが、かつて決別した恥ずべき過去を告白している。アメリカの自己啓発プログラム「ゴールキャスト」が紹介している。

「もうたくさんだったんだ。ラケットを投げる姿を見られるのは耐えられなかった。スタジアムの数千の人々の前で自分自身を辱めていたんだよ。だから、自分を変えようとしたんだ。叫んだり、ラケットを投げたり、テニスコートで駄々っ子のような振る舞いをする自分からかなり変化できた。みんな知っているような穏やかな人間に、ね」

 フェデラーはこう語ったという。

 テニス界のジェントルマンシップで定評の高い35歳のベテランも、キャリアの序盤は悪童として有名だった。感情の赴くままにラケットをコートに叩きつけ、審判に悪態をつくなど褒められるようなマナーではなかった。しかし、そんな自分を恥じる時が来たようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー