[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

KO勝率93%の無敗王者、強敵も立てない“戦慄ボディー”に米熱狂冷めず「あばら折れる音が…」

世界3階級制覇王者で現WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービスが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで元WBC世界同級暫定王者ライアン・ガルシア(ともに米国)に7回KO勝ちした。米国で高い人気を誇る無敗同士の激突。試合から2日経過しても米ファンの熱狂は冷めず、左ボディーでダウンを奪った決定的瞬間には「あばらが折れる音が聞こえた気がする」「このボディーショットは決定的だ」などと未だにコメントが多数書き込まれている。

ガルシアに7回KO勝ちしたガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】
ガルシアに7回KO勝ちしたガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】

デービスVSガルシアの決着映像が話題

 世界3階級制覇王者で現WBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービスが22日(日本時間23日)、米ラスベガスのT-モバイルアリーナで元WBC世界同級暫定王者ライアン・ガルシア(ともに米国)に7回KO勝ちした。米国で高い人気を誇る無敗同士の激突。試合から2日経過しても米ファンの熱狂は冷めず、左ボディーでダウンを奪った決定的瞬間には「あばらが折れる音が聞こえた気がする」「このボディーショットは決定的だ」などと未だにコメントが多数書き込まれている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 鈍い音が会場に響いた。2回にダウンを奪ったデービス。勝負を決したのは7回だった。体を密着させた状態から、強烈な左ボディーをお見舞い。被弾したガルシアはしばらく後退すると、立っていられなくなった。右膝をキャンバスにつけ、苦悶の表情を浮かべている。大歓声の中、レフェリーが10カウントを数えてデービスの勝利となった。

 実際の映像を公開した米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムには、米ファンのコメントが殺到。試合から2日が経過しても書き込みが増えている。

「人々はこれらのボディーショットがどれだけ痛いかちゃんと分かっていない」
「ボディーショットはクリーンだ」
「このボディーショットは決定的だ」
「第7ラウンドなのにデービスの最後のパンチのスピードはとんでもない」
「最もクリーンなボディーショット」
「このボディーを食らうなら顔に食らったほうがマシ」
「命中したタンクのパンチが速すぎる」
「パンチが命中した音が聞こえる」
「このリバーショットはエグい」
「あばらが折れる音が聞こえた気がする」

 元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏から直接指導を受けるなど秘蔵っ子として知られる28歳のデービス。この勝利で29勝(27KO)となり、KO率は驚異の93.1%となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集